青森県弘前市大字下白銀町1、弘前公園。別名は、鷹揚公園(おうようこうえん)、鷹揚園(おうようえん)。面積は約48.9haです。園内には、弘前城天守(史料館)、弘前市立博物館、弘前市民会館、弘前城植物園があります。春には約50種、2,600本の桜が咲く名所です。

弘前公園、南内門

南内門(ミナミウチモン)は、三の丸から杉の大橋を渡ってすぐにあります。

弘前公園、未申櫓 (ヒツジサルヤグラ)

櫓の名前は、天守から見た方角を12支で示したもので、未申は南西に当たります。

与力番所と日本一古いソメイヨシノ

旧藩士の菊池楯衛から1882年(明治15年)に寄贈されたもので、現存するソメイヨシノでは日本最古のものです。弘前公園のソメイヨシノは樹齢100年を越すものが300本以上あります。

与力番所 (よりきばんしょ)は、上級武士に仕えていた人々のことを与力といい、その与力が見張り役として警備をした詰所のことです。

弘前公園、東内門

東内門の周辺には、正徳桜やカスミザクラ、内側には日本最古のソメイヨシノなどがあります。、

春陽橋

西濠の春陽橋 (シュンヨウバシ)は、1932年(昭和7年)、市民の通行の利便性のために架橋されました。

弘前公園、鷹丘橋

内濠を隔て、本丸と北の郭に架かる橋です。

弘前公園、追手門

弘前公園の正面玄関です。周辺には、弘前市役所、弘前市図書館などがあります。

弘前公園、東門

弘前公園、北門(亀甲門)

北方の守護神として玄武という亀の神様がいたとされており、 北側にある門の別名が亀甲門とされたのは、この伝説に由来していると言われています。

弘前公園、東門

東門は、昭和28年(1953年)に、重要文化財指定されました。

二の丸丑寅櫓と八重桜

丑寅櫓 (ウシトラヤグラ)は、城郭に取りつく敵への攻撃や物見のために造られました。櫓の方角は12支を示したもので、丑寅は北東に当たります。

紅葉の弘前公園

岩木山神社

岩木山神社(いわきやまじんじゃ)、入り口から参道、楼門、拝殿、本殿。そして奥の院は岩木山山頂にあります。津軽富士とも呼ばれる美しい岩木山のふもとにある神社で、創建約1,200余年の歴史を持っています。