山形県 朝日村(現鶴岡市)。月山ダム、バンジージャンプ、月の女神。

月山ダム





月の女神





バンジージャンプ

バンジージャンプ

朝日村

バンジージャンプ





バンジージャンプ

バンジージャンプ




バンジージャンプ





成田豊治元村長頌徳碑

青森県南津軽郡大鰐町茶臼山公園内、成田豊治元村長頌徳碑。 青森県南津軽郡大鰐町茶臼山公園内、油川貞憲頌徳碑。

長尾中華そば 五所川原店

青森県五所川原市中央4-110、長尾中華そば 五所川原店。定休日は火曜日。

りんごの花と岩木山

青森県平川市広船嘉瀬沢47−1、志賀坊森林公園周辺にて。

津軽の市町村の紹介

津軽の市町村の紹介

アメリカンポピー

アメリカンポピーとは、ハナビシソウとも呼ばれるケシ科の一年草です。 アメリカンポピーの花言葉は、「いたわり」「思いやり」「恋の予感」「陽気で優しい」です。 カリフォルニア州の州花で、オレンジ色や黄色などの鮮やかな花を咲か […]

定食・食堂

魚っ喰いの田 新青森駅店

青森県青森市大字石江字高間140-2、 あおもり旬味館 1F魚っ喰いの田 新青森駅店

弘前城と岩木山

青森県弘前市、弘前城(ひろさきじょう)は、別名・鷹岡城、高岡城。江戸時代に建造された天守や櫓などが現存し国の重要文化財に指定されています。また城跡は国の史跡に指定されている。江戸時代には津軽氏が居城し弘前藩の藩庁が置かれ […]

黒森山と岩木山

青森県青森市、城ヶ倉大橋周辺より、黒森山と岩木山。 城ヶ倉大橋は、 全長は360メートル、谷底までの高さは122メートルあります。 城ヶ倉大橋周辺からは、八甲田連峰や岩木山などの絶景を眺めることができます。 青森県黒石市 […]

とある回転鮨

回転鮨は良く行きます。でも、ひとりではなかなか行けません。そんな時はこのスライドショーで・・・・・。

草野庄

青森県弘前市高田4-3-5、 草乃庄

暗門滝(あんもんのたき)

青森県中津軽郡西目屋村、暗門滝(あんもんのたき)は、岩木川上流の白神山地内の暗門川にあります。 暗門滝(あんもんのたき)は、3つの滝から構成されています。 暗門の滝、第一の滝は、一番上流側にあり高さ42メートルです。 暗 […]

小倉食堂

青森県青森市浪岡浪岡稲村19-9、小倉食堂。定休日は第2・第4日曜日。おすすめは、カレーセット

麺房 十兵衛

青森県南津軽郡藤崎町西豊田1-6-7、麺房 十兵衛 。定休日なし。

キバナノコギリソウ

キバナノコギリソウ(黄花鋸草)は、キク科ノコギリソウ属。 花言葉は、「指導」「真心を持って」「戦い」「悲嘆を慰める」「治療」「治癒」「勇敢」「私を治してください」

洋食、喫茶、ティクアウトなど

洋食、喫茶、ティクアウトなど。 青森県五所川原市広田榊森47-3 、グリルストウ。定休日は8月13日、12月31日です。 青森県つがる市柏上古川八重崎35-17 、めるしー。いつもは、チキンカツ定食が定番です。本日は、ハ […]

めんの店 アキモト 虹のマート店

青森県弘前市駅前町12-1 虹のマート内、めんの店 アキモト 虹のマート店 。定休日は日曜日。虹ノマート内にあるアキモト製麺直営店。 津軽そばに、ニシンをトッピング 幻の津軽そばに、玉子とミニ天ぷらをトッピング 津軽そば […]

サラリーマンの昼食

サラーリマンの楽しみは何といっても昼食。今日はどこで、ランチ・・・。気分次第、仕事がらみもあり、迷いながらも結局ここかという時もあります。 津軽のラーメンを食べよう! ラーメン、中華そば巡り!青森県弘前市、津軽一円を巡り […]

オイランソウ

花魁草(オイランソウ)はハナシノブ科クサキョウチクトウ属の多年草である。

津川武一文学碑

青森県弘前市大仏ケ鼻公園内、津川武一文学碑。 碑文は、「母からのりんご故里の新聞に包んでありふるさとのにおいがする」




花が咲くまで7年前後の期間が必要とされています。

カタクリ(片栗)は、ユリ科カタクリ属に属する多年草。

カタクリの花には、「初恋」「寂しさに耐える」という2つの花言葉があります。

カタクリの花は、種が根付いてから、花が咲くまで7年前後の期間が必要とされています。

また、多年草ではあるものの、花を咲かせられるのは7回程度とも言われています。

クール・ジャパンとは

クール・ジャパンとは、日本の文化や産業が海外で高く評価されている現象や、それを推進する政策のことです。 クール・ジャパンには、アニメや漫画、ゲームなどのポップカルチャーだけでなく、食やファッション、現代アートや建築などの […]

コメントなし

与力番所 、弘前公園

与力番所は、江戸時代に城内の主要な箇所の見張り所として配置されたもので、藩政時代には12ヵ所に建てられています 。 建築年代は不明ですが、江戸時代中期に一度改修したものと推定されます。 廃藩以降取り壊されることもなく、そ […]

コメントなし