焼肉定食、かつ丼、野菜炒め定食、とんかつ定食など。昼食には様々な定食の選択があります。

みんぱい、肉野菜炒め定食

いもや、天丼

河童亭なお、串カツ定食

親子丼とたぬきうどん、料理とお酒まさ

とりかつとチーズしそ巻き、かつ亭。

特製!一夜干しホッケ焼き、料理とお酒まさ

天丼ととろろそば、三忠塩分店

中華そばとかつ丼のランチ、三忠塩分店

鍋焼きうどんセット、割烹味新

天丼、天ぷらいもや

フグの唐揚げとフグ雑炊

焼肉定食、石黒食堂

あんかけごはん、幡龍

あんかけ焼きそば、幡龍

鍋焼きうどん、東家

生姜焼き定食、料理とお酒まさ

生姜焼き定食、白神飯店

大十食堂、おにぎり、焼きそば、ラーメン

えびす、チキンカツ

チーズしそ包みかつ、定食

むらかつ、唐揚げトロースかつ

料理とお酒まさ、豚ヒレカツと鶏竜田揚げ

味喜や 、さば生干し定食

みんぱい、肉野菜炒め定食

ポテト 、ミックスフライ定食

かつ亭、上ロース定食

スタミナ一番 、生姜焼き定食

味喜や 、若鳥のからあげ定食

ラーメン優太、焼肉定食

ドライブイン汐風、ヒラメのヅケ丼

料理とお酒まさ、ウド、コゴミ、コシアブラの天婦羅と海鮮丼

むらかつ、みそかつ定食

うな重、東家

東家、海鮮丼

しげ作、唐揚げ定食

割烹味新、まぐろ丼

しげ作、ヒレカツ定食のランチ

助六、上ロースかつとご飯セット

弘前さくらまつり

青森県弘前市、弘前さくらまつり。毎年弘前公園にて、4月中頃から5月初めまで、開催されます。

弘前さくらまつりの歴史、変遷その1
1715年(正徳5年) - 弘前藩士が25本のカスミザクラなどを京都から取り寄せ、園内に植栽。
1882年(明治15年) - 旧藩士である菊池楯衛が、ソメイヨシノ1,000本を植栽。
1897年(明治30年) - 再び1,000本を植栽。その後も市民の寄付などで植栽される。
1916年(大正5年) - 夜桜の見物が大盛況であった。