山形県尾花沢市大字銀山新畑。大正・昭和時代に建てられた和洋折衷の木造旅館が並び、昔懐かしい風景が残る銀山温泉。銀山温泉は、かつて江戸時代初期の大銀山として栄えた「延沢銀山」の名称に由来しています。大正末期から昭和初期に建てられた洋風木造多層の旅館が銀山川の両岸に沿って軒を並べ、昔ながらの独特な景観を味わうことができます。

銀山温泉

銀山温泉

銀山温泉

銀山温泉

銀山温泉の夕食

銀山温泉

銀山温泉

銀山温泉

木造旅館が立ち並ぶ銀山温泉は、江戸初期、大銀山として名を馳せた延沢銀山のあった場所です。

銀山温泉

銀山温泉

白銀公園は,銀坑洞と銀山川の周囲を含めた自然公園です。渓流沿いに約50分の散策コースがあります。その中心が白銀の滝です。

銀山温泉

銀山温泉

銀山温泉の朝食

銀山温泉

銀山温泉

銀山温泉

銀山温泉

銀山温泉

最勝院五重塔

青森県弘前市銅屋町、最勝院五重塔。国の重要文化財指定の五重塔としては日本最北端に位置。寛文7年(1667年)に完成した旧大円寺の塔で、総高31.2メートルである。津軽藩3代藩主津軽信義、4代津軽信政の寄進により、前後10年以上をかけて建立されました。