津軽当物、大王当て。佐藤製菓

青森県弘前市大字津賀野字宮崎68、佐藤製菓。

津軽伝統の型抜き白あん生菓子

「閻魔大王くじ」を使ったお菓子が、この練切の生菓子「大王当て」と言われています。

津軽当物駄菓子の走りです。

昭和初期には、既に親しまれていたようです。

製法は、今でも、昔ながらの手作りで、昔懐かしい味と楽しさが昭和時代を彷彿させることでしょう。

大王サイズが2個、親サイズが5個、子サイズが19個、くじが1枚入っています。

津軽当物、大王当て。

宝に足なし、自ら来たらず。

正月は大王当てのくじ引きで盛り上がります。

津軽当物、大王当て。佐藤製菓



順番を決めて、くじを引いていきます。

大王、大当たり2本。親、当たり5本。子ざんねん19本。

津軽当物、大王当て。佐藤製菓



大王、大当たりは、どこにあるのか?

推理してみます。

津軽当物、大王当て。佐藤製菓



子ざんねんが7回くらい続くと、残りの当たりの確率がグーンと上がります。

盛り上がります。

津軽当物、大王当て。佐藤製菓

しかし、大王、大当たりが出てしまうと、当てた人は大喜びですが、落胆の空気が広がります。

稀に一番くじで、大王、大当たりが出てしまう時があります。その時は、少し悲惨な状態になってしまいます。

でも、大王はもう1本あります。

気を取り直し、くじを引き続けます。

津軽当物、大王当て。佐藤製菓

大王2本、親が出てしまえば、後は消化試合となります。

正月恒例の津軽当物、大王当て、今年も楽しませてもらいました。




うぐいす餅、御菓子司 開源堂川嶋

青森県弘前市品川町15、御菓子司 開源堂川嶋。定休日は、日曜日です。 うぐいす餅は豊臣秀吉が命名したと言われています。 豊臣秀長が、茶会で兄の秀吉をもてなす際に、あんを餅で包みきな粉をまぶした餅菓子を気に入った秀吉が、う […]

コメントなし

フルーツクレープ

青森県弘前市城東中央3-1-3(焼肉叙々苑さん1F)、ボンジュール 弘前城東店。

コメントなし

有明と若草山

青森県弘前市土手町83、開雲堂(かいうんどう)、定休日は火曜日(年末年始・花見期間・お盆は無休) 銘菓有明は、小豆の漉し餡の最中です。 銘菓若草山は、好物です。

コメントなし

粟(アワ)ぜんざい

青森県弘前市田代町14-2,寿々炉本店。 北国の城下町弘前の地で、地元ならではの材料や、全国の本物の原材料を本物の技術で、和菓子に愛情をこめて作っております。 粟(アワ)ぜんざい アワと粟は、同じイネ科の植物で、雑穀の一 […]

コメントなし

毛豆ソフト

青森県弘前市大字小比内5丁目18-10、セブンイレブン小比内5丁目店の敷地内、キッチンカーにて。 毛豆ソフトは、青森県の津軽地方にある在来品種の枝豆「毛豆」を使ったソフトクリームのことです。 毛豆は普通の枝豆よりも甘みが […]

コメントなし


岩木山のふもとにある神社で、創建約1,200余年の歴史を持っています。

岩木山神社(いわきやまじんじゃ)、入り口から参道、楼門、拝殿、本殿。

そして奥の院は岩木山山頂にあります。

津軽富士とも呼ばれる美しい岩木山のふもとにある神社で、創建約1,200余年の歴史を持っています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    謹賀新年2024

    次の記事

    津軽の一代様辰年