十月桜(ジュウガツザクラ)

ジュウガツザクラ(十月桜)は、バラ目バラ科サクラ属のサクラ。

エドヒガン系の中のコヒガン系の栽培品種で、マメザクラとエドヒガンが交雑した種間雑種で 、春と秋から冬にかけての二度開花する二季咲きが最大の特徴です。

十月桜は、秋から冬にかけて咲く桜の一種です。

八重咲きの淡紅色の花を咲かせます。

春にも開花しますが、秋の方が花の数が少なく、花の大きさも小さめです。

十月桜の花言葉は、神秘的な心と寛容です。

十月桜(ジュウガツザクラ)



十月桜(ジュウガツザクラ)



十月桜(ジュウガツザクラ)







ヒメヒマワリ

ヒメヒマワリは、北アメリカ原産のキク科キクイモモドキ属の宿根草で、属名のヘリオプシスあるいは宿根ヒメヒマワリと呼ばれることもあります。 大変丈夫で、黄色の花がたくさん咲くところから、夏の花壇用によく植えられます。 ヒメヒ […]

コメントなし

赤いハナミズキ、庭

ハナミズキは、ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木です。 春に白やピンク、赤などの色の花を咲かせます。 日本にはアメリカから桜のお返しとして贈られました。 花言葉は「返礼」「私の想いを受けとめてください」「永続性」「 […]

コメントなし

ピーマン

ピーマンはナス科トウガラシ属の野菜で、中南米が原産地です。 ピーマンの花は白くて小さく、うつむき加減に咲きます。 花言葉は「海のめぐみ」です。

コメントなし

十五夜

2023年の十五夜は、9月29日でした。 十五夜は、旧暦の8月15日の夜に見える月のことを言います。 この時期の月は一年で最も美しく輝いているとされており、お月見をする風習があります。 お月見では、収穫や月の恩恵に感謝し […]

コメントなし

まるばまんさく

早春に咲くことから「まず咲く」「真っ先」が変化しまんさくという名前になったいう説もあります。とにかく、雪があるうちに咲きだします。マルバマンサクは北海道から日本海側、鳥取県まで分布する落葉低木で、多雪地帯に適応している。

コメントなし


最新の投稿・ページ、新規・更新すべてを網羅

最新の投稿

最新のページ

新規・更新をチェック!

すべての投稿・ページの新規、更新を網羅して、一覧表示しています。

黄昏

黄昏は、日が沈む前後の時間帯を指します。 一般に、太陽が地平線に近づくと、空や雲は赤やオレンジなどの色に染まります。 この現象は、太陽光が大気中の粒子によって散乱されるために起こります。 太陽が低い位置にあるときは、光は […]

コメントなし

東内門外橋(石橋)、弘前公園

東内門外橋(石橋)は、弘前公園の中にある石造りの橋で、二の丸と三の丸を隔てる中濠に架かっています。 1848年(弘化5年)に土橋から架け替えられたもので、城内では唯一の石造りの橋です。 橋を渡るとすぐに東内門があり、その […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    天ぷらそば、そば処岩

    次の記事

    イタリアン・アスター