中野もみじ山2023年

青森県黒石市南中野字不動舘27、中野神社、中野もみじ山。

令和5年度10月20日(金)~11月5日(日)

16:30~21:00 ライトアップ

9:00~21:00 露店営業予定(およそ6店舗が出店する予定です)

中野もみじ山には、約200種類のもみじが植えられております。

中野神社や不動館城跡などの歴史的な建造物も見ることができます。

※紅葉の見頃は、 10月下旬~11月上旬ころ

中野もみじ山2023



中野もみじ山



中野もみじ山

紅葉(もみじ)は、カエデ科カエデ属の総称で、秋に色づく葉が美しい落葉低木です。

北半球の広い範囲に分布していて、世界に数百種、日本には数十種種が自生していると言われています。世界三大広葉樹とされています。

江戸時代から園芸品種が作られるようになり、明治時代になると、日本の紅葉は海外に輸出される様になりました。

紅葉(もみじ)の花言葉は、「節制」「遠慮」「自制」「大切な思い出」などです。



中野もみじ山

中野神社は、津軽三不動尊の一つです。

不動館城跡は、弘前藩主津軽信枚(つがるのぶひら)公が築いたとされる城跡です。




不動館城跡は、山城です。

天正年間(1573〜1592年)に築地十郎という人物が築いたとされています。

不動館城跡は、中野もみじ山の中にあり、中野神社の近くにあります。

城郭の遺構はほとんど残っていませんが、曲輪や土塁、横堀などが見られます。









大雪像、旧函館区公会堂

第47回弘前城雪燈籠まつりの大雪像は、函館市の旧函館区公会堂です。 北海道函館市元町11-13、旧函館区公会堂は1910年、明治43年に建てられた、洋風建築の代表的建物です。1974年、昭和49年に国の重要文化財に指定さ […]

コメントなし

リンゴの花が開花しました!

青森県平川市も志賀坊森林公園付近。リンゴの花が開花しました!

コメントなし

弘前桜まつり、お化け屋敷

青森県弘前市、弘前公園。弘前桜まつり期間内の出店の中に、お化け屋敷があります。

コメントなし

あじさいまつり、大仏公園

2023年7月1日(土)から7月31日(月)まで 青森県弘前市石川、大仏公園にて「大仏公園あじさいまつり」が開催されます!

コメントなし

弘前城雪燈籠まつり2024

弘前城雪燈籠まつり(ひろさきじょうゆきどうろうまつり)は 青森県弘前市の真冬のまつりです。 毎年2月初旬開催されます。 弘前城天守と雪灯籠 東内門と雪灯籠 約300基のミニカマクラ 津軽錦絵大回廊 大雪像の函館ハリストス […]

コメントなし



津軽の歴史を学ぼう! 過去がわかれば、未来も開けてきます。歴史は人々が生きた証です。

津軽は、655年「日本書紀」に、「津苅」「東日流」「津刈」「都加留」と表記されています。

中世には「平賀郡(津軽平賀郡)」「鼻和郡(津軽鼻和郡)」「田舎郡(津軽田舎郡)」に分けられ「津軽三郡」と言われた。

濡れ手で粟(アワ)

濡れ手で粟(アワ)とは、何の苦労もしないで多くの利益を得ること、骨を折らずに金をもうけることのたとえです。 濡れた手で粟をつかむと、たくさんの粟粒がくっついてくることから来ています。

コメントなし

亀甲門、弘前公園

亀甲門(かめのこもん)は、北側にある門、北門(きたもん)の別名です。由来は、北方の守護神として玄武という亀の神様とされております。 築城後間もなくはこの門が弘前城の正門とされていました。 亀甲門(かめのこもん)、大光寺城 […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    キク(菊)、庭

    次の記事

    栗ごはん、西海岸