ハナキリン

ハナキリンは、トウダイグサ科ユーフォルビア属のマダガスカル原産の植物です。枝には大きなトゲが生えていますが、色鮮やかな小さい花が特徴です。

ハナキリンの花言葉 は、早くキスして、逆境に耐えるです。

 

ハナキリン




津軽弁、めやしあげ

めやしあげとは、「たれ込む」「悪い噂を流す」「上司に言いつける」「告げ口をする」「欠点を暴く」という意味の津軽弁です。 この言葉は、「目安箱に訴状(目安状)を入れることを目安上げると言った」という文から派生したものとされ […]

コメントなし

ハナキリンは、一年中花を咲かせる鉢花として人気の植物で、緑が減る冬にハナキリンを1つ置くと、部屋の印象が明るくなります。




コバギボウシ

コバギボウシは、キジカクシ科ギボウシ属の多年草で、北海道から九州までの日本各地に分布しています。 葉は長楕円形や披針形で、葉柄があります。 花は淡紫色や濃紫色で、花茎の先に下向きに咲きます。 花の蕾の形が橋の欄干につける […]

コメントなし

オレガノ・ロトゥンディフォリウム

オレガノ・ロトゥンディフォリウムは、シソ科ハナハッカ属の多年生植物で、トルコやアルメニア、グルジアが原産地です。 花は桃色に変わる淡い緑色の苞葉の中にあり、優美に垂れる草姿が魅力的です。 花期は主に初夏から夏で、高さは1 […]

コメントなし

孔雀柏

孔雀柏は、日本の扁柏の栽培変種で、非常に珍しい木です。 その名前は、葉の形が孔雀の飾り羽に似ていることからつけられました。 孔雀柏は、京都周辺の温暖な地域に少数生育しており、東北地方では青森県の平川市にある猿賀神社の境内 […]

コメントなし

シロヨメナ

シロヨメナ(白嫁菜)は、キク科の多年草で、秋になると、茎の先に小さな白い花をたくさん咲かせます。 葉っぱは細長く楕円形で、周りには鋸歯があります。 シロヨメナの花言葉は「丈夫」「隠れた美しさ」です。

コメントなし

テッセン(鉄線)

テッセン(鉄線)は、キンポウゲ科センニチソウ属のツル植物です。 別名「鉄線花」の名の通り、鉄線のように丈夫なツルを絡ませながら成長していく姿が特徴のひとつともいえます。 テッセン(鉄線)の花言葉は、「甘い束縛」「縛り付け […]

コメントなし


津軽の歴史を学ぼう! 過去がわかれば、未来も開けてきます。歴史は人々が生きた証です。

津軽は、655年「日本書紀」に、「津苅」「東日流」「津刈」「都加留」と表記されています。

中世には「平賀郡(津軽平賀郡)」「鼻和郡(津軽鼻和郡)」「田舎郡(津軽田舎郡)」に分けられ「津軽三郡」と言われた。

1日は24時間しかない!

1日は24時間しかない。 睡眠や食事、運動などを除くと自由になる時間はせいぜい10時間程度です。 それにもかかわらず、仕事、勉強、趣味、家族や恋人・友人との交遊など、やらなければならないことはどんどん増えていきます。 何 […]

コメントなし

鷹丘橋、弘前公園

鷹丘橋とは、弘前公園の内濠に架かる橋で、本丸と北の郭を結んでいます。 鷹丘橋という名は、弘前城の旧名である鷹丘城(高岡城)にちなんだものと思われます。 この橋は1670年(寛文10年)、4代藩主 信政 が母の屋敷のある北 […]

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    クロッカス、庭