御食事処 もてなし

青森県平川市猿賀池上45-1、御食事処 もてなし 。

復活!西谷豊のやきそば

御食事処 もてなし





御食事処 もてなし





御食事処 もてなし









あんかけ焼きそば、中華飯店幡龍あるじゃ店

青森県北津軽郡鶴田町境里見176-1、道の駅鶴田町あるじゃ内、中華飯店幡龍 あるじゃ店。 あんかけ焼きそば、無料ライス、お新香付き あんかけ焼きそば

コメントなし

田沢食堂、焼きそば

青森県弘前市茂森町97、田沢食堂。 焼きそば

コメントなし

焼きそば、田沢食堂

青森県弘前市茂森町97、田沢食堂。 焼きそば、田沢食堂

コメントなし

五目焼きそば、田沢食堂

青森県弘前市茂森町97、田沢食堂。 田沢食堂は、ラーメンやカレーなどのメニューも豊富で、コスパが良いと評判です。 五目焼きそばは、野菜や肉などの具材がたっぷり入った焼きそばで、ボリューム満点です。

コメントなし

おにぎりと焼きそばとラーメン

青森県平川市尾上字栄松19-1、大十食堂。定休日は、 月曜日(祝日の場合は翌日)。閉店しました。 おにぎり、ごはん 焼きそば ラーメン 炭水化物3種、おにぎり、焼きそば、ラーメン、完成です。

コメントなし

焼きそば

青森県平川市猿賀池上45-1、御食事処もてなし 。 元大十食堂、復活!西谷豊のやきそば その由来は、

コメントなし

ペヤング焼きそば

ペヤング焼きそばは、まるか食品株式会社が製造・販売するソース焼きそば。 ペヤング焼きそばは、1975年に発売されたロングセラー商品で、コシのある麺とまろやかなソースが特徴です。 今日は、ペヤング焼きそばでした。 まるか食 […]

コメントなし

焼きそばとミニカレー

青森県弘前市茂森町97、田沢食堂。 焼きそばとミニカレー、この組み合わせが良い。

コメントなし

御食事処 もてなし

青森県平川市猿賀池上45-1、御食事処 もてなし 。 復活!西谷豊のやきそば

コメントなし

焼きそばと小カレーライス

青森県弘前市茂森町97 、田沢食堂。定休日は毎週日曜、第一土曜日。 焼きそばを食べたかった!カレーを食べたかった! 焼きそばを食べたかった! カレーを食べたかった! 今日は食べたいもの食べました!

コメントなし

焼きそば、味助

青森県平川市尾上大字高木字原富209、味助、定休日月曜日、火曜日。 味助は、ラーメンと焼きそばのお店です。 焼きそばの並、細麺

コメントなし

五目焼きそば、みんぱい

青森県弘前市大字八幡町2-8-7、みんぱい。 そして、カニタマ飯もいただきました。

コメントなし

中華そばと焼きそば、味助

青森県平川市尾上大字高木字原富209、味助、定休日月曜日、火曜日。 味助は、ラーメンと焼きそばのお店です。 中華そばは、醤油ベースの濃厚な煮干しスープと細ちぢれ麺が特徴です。 焼きそば

コメントなし

あんかけ焼きそばとごはん

青森県つがる市柏稲盛幾世41、 幡龍 イオンモールつがる柏店。少し寒くなってきました。営業時間 11:00〜21:00。 あんかけ焼きそばとあんかけごはん。 タッチパネルでの注文でした! 回転寿司で慣れているので、特に問 […]

コメントなし

オムヤキ、田沢食堂

青森県弘前市茂森町97、田沢食堂。 オムヤキ、田沢食堂 オムヤキは、焼きそばを玉子で包んだものです。

コメントなし

油淋鶏定食と肉細切り焼きそば

青森県弘前市大字八幡町2-8-7、みんぱい。 油淋鶏(ユーリンチー)定食と肉細切り焼きそば 油淋鶏(ユーリンチー)は、中国料理の一種で、揚げた鶏肉に刻んだネギと甘酸っぱいタレをかけた料理です。 肉細切り焼きそばは、中華麺 […]

コメントなし

鹿内食堂、焼きそば

青森県青森市浪岡樽沢村元315-5、鹿内食堂。定休日は日曜日。

コメントなし

揚げ焼きそば

青森県弘前市大字茂森町16、来々軒。定休日は、木曜日。

コメントなし



青森県弘前市銅屋町、最勝院五重塔。

国の重要文化財指定の五重塔としては日本最北端に位置。

寛文7年(1667年)に完成した旧大円寺の塔で、総高31.2メートルである。

津軽藩3代藩主津軽信義、4代津軽信政の寄進により、前後10年以上をかけて建立されました。

天地神明に誓って

天地神明に誓ってとは、自分の言うことに嘘がないことを強く約束する表現です。 天地神明は、天地のすべての神々のことで、神明に誓っては、神々に対して固く約束することを意味します。 この言葉は、公的な弁明や釈明をする場で多く使 […]

コメントなし

鷹丘橋、弘前公園

鷹丘橋とは、弘前公園の内濠に架かる橋で、本丸と北の郭を結んでいます。 鷹丘橋という名は、弘前城の旧名である鷹丘城(高岡城)にちなんだものと思われます。 この橋は1670年(寛文10年)、4代藩主 信政 が母の屋敷のある北 […]

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    鯛茶漬け、料理とお酒まさ