北海道旭川市東旭川町倉沼、旭山動物園。

日本最北の動物園。

旭山動物園は、1967年に開園し、現在は約107種類612匹の動物が飼育されています。

旭山動物園の特徴は、動物の行動や生活を見せる「行動展示」という形式をとっていることです。

例えば、ペンギンは雪の上を歩いたり滑ったりする様子が見られますし、ライオンは高いところから獲物を狙う様子が見られます。

また、「もぐもぐタイム」や「夜の動物園」などのイベントも人気があります。

旭山動物園は、動物たちの魅力を伝えるだけでなく、教育活動にも力を入れています。

動物資料展示館や動物図書館もありますし、市民講座や動物画コンクールなども実施されています。

旭山動物園

カバは、陸上で最も大きな動物の一つです。

カバは水中でほとんどの時間を過ごしますが、陸上でも時速40キロほどで走ることができます。

カバは「血の汗」と呼ばれる赤い分泌液を出しますが、これは紫外線や細菌から体を守るためのものです。

旭山動物園では、かば館という施設でカバを見ることができます。



旭山動物園

ホッキョクグマは、北極圏に住む大型のクマです。

ホッキョクグマは、白い毛皮と黒い皮膚を持ち、厳しい寒さに適応しています。

ホッキョクグマは主にアザラシを狩りますが、魚や鳥、植物なども食べます。



ホッキョクグマ

ミナミシロサイは、アフリカ南部に生息するサイの一種です。

ミナミシロサイは、角が2本あり、オスは体長約4メートル、体重約3トンと、サイの中で最も大きいと言われています。

ミナミシロサイは、草原やサバンナなどで草を食べる草食動物ですが、ライオンやヒョウなどの肉食動物から身を守るために、角を使って攻撃することもあります。



ミナミシロサイ

旭山動物園では、ほっきょくぐま館という施設でホッキョクグマを見ることができます。

ほっきょくぐま館では、ホッキョクグマのダイナミックな飛び込みや泳ぐ姿を観察することができます。

また、シールズアイというカプセルからは、アザラシの視点からホッキョクグマを観察することができます。

 



ホッキョクグマ

オオカミは、イヌ科の動物の中で最大の動物で、ユーラシア大陸と北アメリカに広く分布しています。

オカミは30以上の亜種に分けられ、その中には日本にいたニホンオオカミやエゾオオカミも含まれます1。

オオカミは高度な社会性を持ち、つがいとその子供からなる核家族で移動します。こ

の家族をパックと呼び、狩りや縄張りの防衛などを協力して行います。

オオカミは主に肉食性で、シカやイノシシなどの大型哺乳類を狩りますが、小動物や腐肉、果物なども食べます。



オオカミ

ジェフロイクモザルは、クモザル科の動物で、中央アメリカから南アメリカにかけての熱帯雨林に生息しています。

親指がほとんどなく、尾が長くて把握性があります。

木から木へ素早く移動するのに適した体つきをしています。

ジェフロイクモザルは果実や木の葉などを食べる雑食性で、昼行性です。

15~25頭ほどの集団で生活し、鳴き声でコミュニケーションをとります。

メスは2~3年に一度、一回の出産で一頭の子供を産みます。

ジェフロイクモザルは人間に発見されたのが比較的遅く、その名前はフランスの博物学者エティエンヌ・ジェフロワ・サンティレールにちなんでいます。

ジェフロイクモザルは森林伐採や狩猟などによって絶滅の危機にさらされており、保護が必要な動物です。



ジェフロイクモザル

ライオンは、ネコ科の動物の中で最大の動物で、アフリカ大陸とインドに分布しています。

ライオンは30以上の亜種に分けられます。

ライオンは高度な社会性を持ち、メスと子供、そして少数の成熟したオスがプライドと呼ばれる群れを形成しています。



ライオン

狩りの特徴はメスの集団が連係することであり、主に大型の有蹄類を襲います。

ライオンは「百獣の王」として有名であり、一般的に最も強い動物であると思われています。

オスの外見はたてがみが非常に特徴的であり、容易に認識することができます。



ライオン

ペリカンは、ペリカン目ペリカン科に属する鳥類の総称で、世界中の温帯や熱帯の水辺に生息しています。

ペリカンは6種類に分けられ、日本ではモモイロペリカンが迷鳥として稀に見られます。

ペリカンの最大の特徴は、長く大きな嘴と、その下にある袋状の皮膚(咽喉嚢)です。



ペリカン

ペリカンはこの咽喉嚢を使って、水面で魚や甲殻類などを水ごと掬い取り、水だけを吐き出して食べます。

一度にたくさんのエサを食べることができ、咽喉嚢や胃に入れたまま飛んだり泳いだりすることもあります。

ペリカンは社会性が高く、同じ種類の仲間と大きな群れを作って暮らします。

繁殖期には集団で巣を作り、雌雄交代で卵や雛を温めます。

しかし、雛の間ではエサを奪い合う厳しい競争があり、最終的に一番強い雛だけが生き残ります。



ペリカン

カピバラは、齧歯目テンジクネズミ科に属する動物で、世界最大のネズミとして知られています。

南アメリカのアマゾン川流域を中心とした温暖な水辺に生息しています。

カピバラは草食性で、乾草や果物、野菜などを食べます2。

水中で泳ぐことが得意で、水かきがあります。

カピバラは非常に穏やかで社会性が高く、10~20頭の群れを形成して暮らします。

群れの中ではオスが1匹で、メスと幼獣が多数を占めます。

オスは鼻面にコブのような臭腺がありますが、メスにはありません。

カピバラは鳴き声でコミュニケーションをとります3。



カピバラ

ワオキツネザル(輪尾狐猿)は、キツネザル科の動物で、マダガスカル島にしか生息していない固有種です。

長い尾に白と黒の輪状の模様があり、その名前の由来になっています。

体長は約40センチメートルで、体重は約3キログラムです。

ワオキツネザルは樹上性で、果実や花、葉などを食べます。

社会性が高く、10~20頭ほどの群れを作って暮らします。

群れの中ではメスが優位で、縄張り争いや繁殖権をめぐる闘いを行います。

コミュニケーションには鳴き声や表情だけでなく、尾や体臭も使います。

ワオキツネザルは日光浴を好み、太陽に向かって腹部を広げて体温調節をします。

この姿はとてもかわいらしく、動物園でも人気があります。



旭山動物園



旭山動物園

タンチョウは、日本で鶴と総称される鳥類の中で最大の種で、北海道の道鳥に指定されています。

タンチョウは全身が白く、首や羽の一部が黒く、頭頂部に赤い皮膚が裸出しています。

タンチョウは湿原や湖沼などの水辺に生息し、雑食性で植物や昆虫、魚類などを食べます。

タンチョウは社会性が高く、つがいで一生をともにします。

繁殖期には草や枝などで巣を作り、2個の卵を産みます。

抱卵期間は約1ヶ月で、雌雄交代で卵や雛を温めます。

雛は約100日で飛べるようになりますが、成熟するまでに3~4年かかります。

タンチョウは日本では留鳥として北海道に周年生息していますが、ロシアや中国にいるタンチョウは渡り鳥として朝鮮半島へ移動します。



タンチョウ

エゾシカは、北海道にしか生息しないニホンジカの亜種で、シカ科シカ属に分類されます。

エゾシカは体が大きく、オスは最大で体長190cm、体重150kgに達します。

毛色は夏と冬で変わり、夏は茶色で白い斑点があり、冬は灰色になります。

オスには立派な角があり、毎年4月から5月に落角し、9月頃に新しい角が成長します。

エゾシカは草食性で、草本や牧草、木の芽やどんぐりなどを食べます。

社会性が高く、10~20頭の群れを作って暮らします。

繁殖期は10~11月で、雄同士の争いが激しくなります。

妊娠期間は約230日で、翌年の6~7月に出産します。

主な天敵はヒグマです。



エゾシカ

ユキヒョウは、ネコ科の動物で、中央アジアの高山に生息しています。

ユキヒョウは体が白や灰色で、黒い斑点があります。

尾は長くてふさふさしており、寒さから身を守ったりバランスをとったりするのに役立ちます。

鼻腔や肉球も大きくて毛深く、冷たい空気や雪に適応しています。

ユキヒョウは夜行性で、主にシカやヤギなどの有蹄類を狩ります。

一気に10メートル以上もジャンプすることができます。

社会性は低く、縄張り意識が強いです。

繁殖期は1~5月で、妊娠期間は約100日です1。一回に2~3頭の子供を産みます。



ユキヒョウ

ニホンザルは、日本に固有のサルの一種です。

オナガザル科マカク属に分類され、学名は Macaca fuscata です。

ニホンザルは、本州、四国、九州、屋久島などに広く分布し、森林や山岳地帯に生息しています。

ニホンザルは、霊長類の中でも最も寒さに強く、雪の中でも暮らすことができます。

そのため、スノーモンキーという別名もあります。

ニホンザルは社会性が高く、数十頭から百頭以上の群れを作っています。

群れの中には、見張りや子育てなどの役割を分担する仲間がいます。

ニホンザルは草食性で、果実や葉、花などを食べます。

時には昆虫や貝類なども食べます。

ニホンザルは鳴き声や匂いでコミュニケーションをとります。

鳴き声には20~30種類もあり、仲間との絆を深めたり、天敵から身を守ったりします

 



ニホンザル



ホッキョクグマ館



旭山動物園全景

ペンギンは、鳥類の中でも特殊なグループで、飛ぶことができない代わりに、水中で素早く泳げるように適応しています。

ペンギンは主に南半球に分布し、南極大陸やその周辺の島々、南アメリカ、アフリカ、オーストラリア、ニュージーランドなどに生息しています。

ペンギンは現在18種類が確認されており、その大きさや色や形はさまざまです。

最も大きいのはコウテイペンギンで、体長は約120cm、体重は約40kgになります。

最も小さいのはコビトペンギンで、体長は約40cm、体重は約1kgです。

ペンギンの多くは背中が黒くてお腹が白いという配色をしていますが、これは水中で敵や獲物から身を隠すための保護色です。

ペンギンは群れで暮らすことが多く、狩りや繁殖や防衛などを協力して行います。

ペンギンの繁殖期は種類によって異なりますが、一般的には春から夏にかけてです。

ペンギンは草や枝や石などで巣を作り、1~2個の卵を産みます。

雌雄交代で卵やひなを温めますが、コウテイペンギンやオウサマペンギンの場合は足の上に乗せて温めます。



ペンギン

アムールトラは、ネコ科に属するトラの一亜種で、ロシアと中国の国境沿いのアムール川やウスリー川周辺のタイガ(針葉樹林)に生息しています。

シベリアトラとも呼ばれています。

アムールトラは現存する8つのトラの亜種の中でも最大で、オスは全長3メートル、体重300キログラムにも達することがあります。

毛色は淡くて縞模様が薄く、冬毛は夏毛よりも長くて厚いです。

アムールトラは夜行性で、主にシカやイノシシなどの有蹄類を狩ります。

一気に10メートル以上もジャンプすることができます。

社会性は低く、縄張り意識が強いです。

繁殖期は10~11月で、雄同士の争いが激しくなります。

妊娠期間は約100日で、一回に2~3頭の子供を産みます。



アムールトラ



旭山動物園、ベンギン館



旭山動物園

アザラシは、食肉目鰭脚亜目アザラシ科に属する海棲哺乳類の総称で、世界中の温帯や熱帯の水辺に生息しています。

アザラシは10属19種に分けられ、日本ではゴマフアザラシやワモンアザラシなどが見られます。

アザラシの最大の特徴は、水中で素早く泳げるように適応していることです。

アザラシは優れた潜水能力を持ち、最長で120分もの間、水中に潜っていられます。

また、鼻腔を閉じたり、酸素を多く保持したりすることで高い水圧に耐えられます。



アザラシ(マリンウェイ)

アザラシは社会性が高く、群れで暮らすことが多いです。

狩りや繁殖や防衛などを協力して行います。

アザラシの繁殖期は種類によって異なりますが、一般的には春から夏にかけてです。

一産一仔で妊娠期間はほとんどの種で一年です。

アザラシは広食性で、魚やイカやカニなどを食べます。

中には他のアザラシやペンギンなどを捕食する種もいます。



アザラシ(マリンウェイ)



旭山動物園、水中トンネル







北海道、旭山動物園

北海道旭川市東旭川町倉沼、旭山動物園。 日本最北の動物園。 旭山動物園は、1967年に開園し、現在は約107種類612匹の動物が飼育されています。 旭山動物園の特徴は、動物の行動や生活を見せる「行動展示」という形式をとっ […]

コメントなし

沖縄

沖縄県(おきなわけん)は、日本で最も西に位置する行政区画及び地方公共団体。 沖縄本島・宮古島・石垣島など多くの島々から構成されています。 県庁所在地及び最大の都市は那覇市。 沖縄本島、宮古島、石垣島など多くの島々から構成 […]

旅に出よう!スライド

どこかへ出かけよう!旅に出よう!

コメントなし

五目そばとチャーハンのセット

東京都大田区羽田空港3丁目3-2、中華料理 彩鳳 羽田空港第1ビル。 中華料理 彩鳳 羽田空港第1ビルは、羽田空港の第一ターミナル内にある中華料理店です。 昭和38年から羽田空港内で営業している老舗です。 Sさんは、日本 […]

コメントなし

鵜戸神宮、楼門

宮崎県日南市大字宮浦3232、鵜戸神宮。 Nさんからのお便りです。 この神社は断崖の中腹に鎮座しており、本殿は海食洞の中に建てられています。 参拝するには崖に沿って作られた石段を降りる必要があり、神社としては珍しい「下り […]

コメントなし


弘前さくらまつりの歴史、変遷

青森県弘前市、弘前さくらまつり。毎年弘前公園にて、4月中頃から5月初めまで、開催されます。

弘前さくらまつりの歴史、変遷その1

1715年(正徳5年) - 弘前藩士が25本のカスミザクラなどを京都から取り寄せ、園内に植栽。

1882年(明治15年) - 旧藩士である菊池楯衛が、ソメイヨシノ1,000本を植栽。

1897年(明治30年) - 再び1,000本を植栽。その後も市民の寄付などで植栽される。

反対者には反対者の論理がある

反対者には反対者の論理がある。 それを聞かないうちに、いきなりけしからん奴だと怒ってもはじまらない。 問題の本質的な解決には結びつかない。 人の話を良く聞くことが大事です。 それも本人から直接聞くことが大事です。

コメントなし