花を見て、花言葉を知る

カンイタドリ(寒虎杖)

カンイタドリ(寒虎杖)、別名ヒメツルソバは、タデ科の植物です。花言葉は、愛に溢れている、向上心があるです。 カンイタドリ(寒虎杖)は繁殖力が強く、グラウンドカバーに適しています。

コメントなし

そばを食べたい人のペーシ

一力

青森県弘前市大字富田3丁目2-17、一力。定休日は、月曜日(祝日の場合は翌日)。 天ざる 親子そば 一力、もりそば 一力、きつねそば

コメントなし

昼食の道標、昼食の選択

うの食堂

青森県青森市浪岡浪岡細田107-3、うの食堂。定休日は月曜日。

コメントなし

投稿カテゴリー別

洋食

国産牛フィレステーキ

青森県弘前市外崎1-3-12、サラマンジェ・ドゥ・シェモア。定休日は月曜日です。国産牛フィレステーキ。

コメントなし

かつ丼・親子丼・海鮮丼などの丼物

かけ蕎麦と麦とろ丼

青森県青森市浪岡大釈迦沢田50-1、 峠の茶屋

コメントなし

津軽の風景 

猿賀公園

青森県平川市猿賀字石林175、猿賀公園、鏡ケ池の蓮の花。和蓮の北限の群生地です。咲き誇る蓮の花は、7月下旬から8月下旬まで。蓮の花は午前中が見頃。

コメントなし

ラーメン・中華そばを食べたい!

中華そば、たかはし

青森県弘前市大字撫牛子1丁目3-6、たかはし中華そば店、創業1982年(昭和57年)。 煮干し・豚骨・とりガラ・こんぶで、 長時間かけてだしをとったスープ。小麦粉を2種類ブレンドした自家製麺。

コメントなし

ワンコインランチ

鍋焼きうどんセット

青森県弘前市宮川3-4-3 、割烹味新。鍋焼きうどんセット。

コメントなし

津軽のまつり

津軽錦絵大回廊

第47回弘前城雪燈籠まつりの津軽錦絵大回廊 津軽錦絵大回廊は、弘前ねぷたまつりに出陣したねぷたの鏡絵や見送り絵などを再利用してつくります。 津軽錦絵大回廊の中ではねぷた囃子も響きます。 津軽錦絵大回廊を通ると、真冬のなか […]

コメントなし

ランチの時間です

タラ白子鍋と親子丼

青森県弘前市山下町12-1 、料理とお酒「まさ」。定休日は、主に日曜日。

コメントなし

そば・蕎麦・津軽そば・うどん

天ざる、そば処かふく亭

青森県弘前市馬屋町24-1、そば処かふく亭。 天ざる、そば処かふく亭

コメントなし

珈琲はカフェ・喫茶ほか

ジャーマンドック

青森県青森市第二問屋町4-10-26、ドトールコーヒーショップ問屋町店。ジャーマンドックとブレンドコーヒーS。

コメントなし

とんかつを食べたいなら

極上ひれかつ

青森県弘前市大字駅前3丁目15-7 グランメール駅前1F、とんかつ専門店助六。少し思い切りました。特別な日ではないけれど・・・。

コメントなし


気ままに撮影した青森県津軽の風景、どこを見るべきか?どこへ行くべきか?

  • 青森県津軽の風景、TOP

津軽のまつりを楽しもう!そして津軽へ行けばもっと楽しい!

  • 津軽のまつり、TOP

津軽の食彩、たくさんのお店を紹介します

福むら

青森県弘前市早稲田2丁目1-7、福むら。 ざるそば大盛り。定休日は、不定休

コメントなし

自然房 万作庵

青森県弘前市大字水木在家字桜井113-9 、自然房 万作庵。定休日は、月曜・火曜(祝日の場合は営業)

コメントなし



津軽の市町村、市町村別に紹介します。

青森市弘前市平川市青森県五所川原市。西北津軽地域の中心都市で、虫おくりと立佞武多のふるさとです。

年中立佞武多を見ることができる立佞武多の館。

デジカメを持ってどこかへ行こう!旅に出よう!そして、記録、記憶しよう!

下田海中水族館北海道富良野市。 北海道富良野、ファーム富田。彩りの畑。



津軽の歴史、事柄、豆知識、年表など

太宰治学びの家津軽の一代様岩木山神社(いわきやまじんゃ)

花が咲くまで7年前後の期間が必要とされています。

カタクリ(片栗)は、ユリ科カタクリ属に属する多年草。

カタクリの花には、「初恋」「寂しさに耐える」という2つの花言葉があります。

カタクリの花は、種が根付いてから、花が咲くまで7年前後の期間が必要とされています。

また、多年草ではあるものの、花を咲かせられるのは7回程度とも言われています。

40、50は鼻垂れ小僧

40歳、50歳は鼻垂れ小僧、 60歳、70歳は働き盛り、 90歳になって迎えが来たら、 100歳まで待てと追い返せ。 渋沢栄一の名言より その年にならないとわからないけれど、 わかる気がする。 人生50年ではありません。 […]

コメントなし

東内門外橋(石橋)、弘前公園

東内門外橋(石橋)は、弘前公園の中にある石造りの橋で、二の丸と三の丸を隔てる中濠に架かっています。 1848年(弘化5年)に土橋から架け替えられたもので、城内では唯一の石造りの橋です。 橋を渡るとすぐに東内門があり、その […]

コメントなし