気ままに撮影した青森県津軽の風景。弘前市エリア、中南エリア。

藤田記念庭園、雪見灯篭

藤田記念庭園(ふじたきねんていえん)は、園内にある洋館、和館、倉庫等が2003年(平成15年)に国の登録有形文化財となっています。

鶴の舞橋

鶴の舞橋は平成6年7月8日、廻堰大溜池(津軽富士見湖)に、日本一長い木の橋として架けられました。

二の丸丑寅櫓と八重桜

弘前城公園内、二の丸丑寅櫓と八重桜。

雪の回廊、笠松峠周辺

青森県酸ヶ湯温泉・八甲田ホテルから谷地温泉までの冬期間閉鎖されている道が、毎年4月1日に開通します。雪の回廊は高さが10mになるところがあり、例年、5月のゴールデンウィークを過ぎても残っています。雪の回廊といわれています。

 

津軽の歴史

津軽の歴史を学ぼう! 過去がわかれば、未来も開けてきます。歴史は人々が生きた証です。

津軽は、655年「日本書紀」に、「津苅」「東日流」「津刈」「都加留」と表記されています。

中世には「平賀郡(津軽平賀郡)」「鼻和郡(津軽鼻和郡)」「田舎郡(津軽田舎郡)」に分けられ「津軽三郡」と言われた。