カラナデシコ、庭

カラナデシコは、キク科ナデシコ属の多年草で、中国が原産地です。

別名セキチク(石竹)とも呼ばれます。

平安時代にはすでに日本に渡来していたと考えられています。

花言葉は「愛情の深さ」「優美な心」「清らかな愛」などです。

カラナデシコ、庭

カラナデシコは、春から初夏にかけて、白や赤、ピンクなどの色の花を咲かせます。

花びらは5枚で、縁が細かく切れ込みが入っています。



津軽弁、まげ

まげとは、津軽弁で屋根裏のことです。 私は、小さい頃小屋のまげに寝ていました。

コメントなし



コキア

コキアは、ヒユ科の一年草で、ユーラシア大陸に広く分布する植物です。 日本へはアジアから中国経由で渡来し、1000年以上前から栽培されていたという記録が残っています。 コキアは、夏に鮮やかな緑色の葉を茂らせ、秋に紅葉するこ […]

コメントなし

ミヤコワスレ、庭の片隅

ミヤコワスレは、4月〜6月にかけて紫色やピンクの花を咲かせる多年草です。 江戸時代から栽培されている山野草で、日本では茶室に生ける「茶花(ちゃばな)」として古くから親しまれています。 ミヤコワスレの花言葉は、「しばしの慰 […]

コメントなし

メロン

tさんからメロンが届きました。 ありがとうございます。 メロンは、アフリカ大陸・インドを原産とする、ウリ科キュウリ属の野菜です。 果肉の色や香り、甘みなどによって、赤肉種、青肉種、白肉種などに分類されます。 メロンの花言 […]

コメントなし

コヒガンザクラ

コヒガンザクラは、バラ科サクラ属のサクラの一種で、エドヒガンとマメザクラの雑種と考えられています。 花期は3月中旬から4月上旬で、淡紅色や白色の一重咲きの花を咲かせます。 コヒガンザクラの花言葉は、心の平安や私を忘れない […]

コメントなし

カタクリ、山

カタクリは、ユリ科カタクリ属の多年草で、春先に紫色や白色の花を咲かせます。 カタクリの花言葉は、「初恋」「寂しさに耐える」「消極的」「嫉妬」です。 花は日差しによって開閉する運動をします。 地下には鱗茎があり、デンプンを […]

コメントなし


弘前さくらまつりの歴史、変遷

青森県弘前市、弘前さくらまつり。毎年弘前公園にて、4月中頃から5月初めまで、開催されます。

弘前さくらまつりの歴史、変遷その1

1715年(正徳5年) - 弘前藩士が25本のカスミザクラなどを京都から取り寄せ、園内に植栽。

1882年(明治15年) - 旧藩士である菊池楯衛が、ソメイヨシノ1,000本を植栽。

1897年(明治30年) - 再び1,000本を植栽。その後も市民の寄付などで植栽される。

マイナス金利とは

マイナス金利とは、日本銀行が金融政策の一環として導入した異次元緩和の手段です。 具体的には、中央銀行が名目金利をゼロ未満のマイナス金利に設定し、金融機関による中央銀行への余剰預金に金利を支払うようにすることで、経済を刺激 […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    もりそば、高砂