アケボノセンノウ、庭

アケボノセンノウは、ナデシコ科マンテマ属の多年草で、別名レッドキャンピオンとも呼ばれます。

ヨーロッパ原産で、観賞用に植栽されたものが逸出して、北海道などで空地や河川敷などに帰化しています。

アケボノセンノウの花言葉は、名誉、機転、恋のときめきです。

アケボノセンノウ、庭



アケボノセンノウは、高さ15~80cmになり、茎や葉には長い軟毛を密生しています。

葉は対生し、倒卵状箆形で、葉柄があります。

雌雄異株で、花は紅紫色で中心が白色で、花弁が深裂しています。

花径は1.5cm程で、花期は5~8月です。

津軽弁、みっつど

みっつどは、しっかりという意味の津軽弁です。今日も仕事、みっつどかかります。また、上司には、みっつどと励まされます。




オオキンケイギク

オオキンケイギクは、北アメリカ原産のキク科の多年草で、黄色い花を咲かせる植物です。 花びらの先端は不規則に4~5つに分かれています。 葉は細長い楕円形で両面に毛があります。 オオキンケイギクは、1880年代に観賞用や緑化 […]

コメントなし

レウカンセマム・マキシマム

レウカンセマム・マキシマムは、キク科フランスギク属 (レウカンテマム属)の多年草で、フランスやスペインが原産です。 シャスターデージーという園芸品種の親の一つでもあります。 白い舌状花と黄色い管状花からなる大きな頭花を咲 […]

コメントなし

コボウズオトギリ、庭

コボウズオトギリはオトギリソウ科オトギリソウ属の半常緑低木です。 5月から8月にかけて、枝先に黄色い星形の花を咲かせます。 コボウズオトギリの花言葉は、ときめき・悲しみは続かないです。 和名は、小坊主弟切草(コボウズオト […]

コメントなし

マルメロ

マルメロはバラ科マルメロ属の落葉高木で、中央アジアが原産です。 マルメロは、江戸時代にポルトガルから伝わりました。 花言葉は、幸福、魅惑です。 マルメロはカリンに似ていますが、別属の果物で、皮が硬くて酸味が強いので生食は […]

コメントなし

セイヨウナシ

セイヨウナシは、ヨーロッパ原産のバラ科ナシ属の植物およびその果実です。 別名は洋なしです。 セイヨウナシの花言葉は、「愛情」です。 花は日差しによって開閉する運動をします。 地下には鱗茎があり、デンプンを含んでいます。か […]

コメントなし


青森県中津軽郡西目屋村、暗門滝(あんもんのたき)は、岩木川上流の白神山地内の暗門川にあります。

3つの滝から構成されています。

上流側から高さ42メートルの第一の滝

その200メートル下流に同37メートルの第二の滝

さらに160メートル下流に同26メートルの第三の滝があります。

蘇民将来(そみんしょうらい)

蘇民将来(そみんしょうらい)は、日本の伝説や民間信仰に登場する人物や護符の名前です。 伝説によると、蘇民将来は貧しい兄で、旅の途中で宿を求めた武塔神(スサノオ)をもてなしました。 武塔神は感謝して、蘇民将来の娘に茅の輪を […]

コメントなし

弘前城天守

弘前城天守は、 国の重要文化財に指定されています。また城跡は国の史跡に指定されています。 弘前城は、1590年に津軽地方を統一した大浦為信が築城を開始し、1611年に2代目藩主信枚が完成させました。 当時は5層の天守があ […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です