水芭蕉

水芭蕉(ミズバショウ)は、サトイモ科ミズバショウ属の多年草で、湿地に自生する春の花です。

白い部分は花ではなく、葉が変形した仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれるもので、中心の円柱状の部分が小さな花が集まった花序です。

水芭蕉の花言葉は「美しい思い出」「変わらぬ美しさ」です。

花言葉の「美しい思い出」は、ミズバショウの咲く尾瀬の情景を歌った名曲「夏の思い出」にちなむともいわれています。

水芭蕉(ミズバショウ)



水芭蕉は寒さに強く暑さに弱いので、日本では中部地方以北から北海道までに分布しています。

開花時期は低地では3月下旬から4月、高地では5月から7月にかけてです。

津軽弁、くだめぎ

くだめぎとは、愚痴という意味の津軽弁です。 くだめぎばかりで、少しは仕事をしてください。 くだめぎをいうけれど、やることはやります。

コメントなし



スターチス

スターチスは、イソマツ科リモニウム属に属する植物の総称で、一年草、多年草、半低木に分けられます。 別名、花浜匙(ハナハマサジ)の和名があります。 スターチスはドライフラワーとしても人気があり、その美しい色合いを長期間楽し […]

コメントなし

天日干しの稲穂

天日干しの稲穂は、稲刈り後に刈り取った稲を天日と風によって乾燥させる方法です。 この方法は、自然の風で水分をゆっくりと抜くことでお米の味を高める効果があります。 天日干しは、機械乾燥に比べて手間や時間がかかりますが、昔な […]

コメントなし

カラスウリ

カラスウリはウリ科の植物です。 カラスウリの名前の由来は、カラスが好んで食べるという説や、絡みついた木を枯らすという説などがあります。 花期は夏から初秋で、葉のつけ根に花弁の先がレース状になった白い花が夕方(日没後)から […]

コメントなし

ぺチュニア

ぺチュニアは、南米原産のナス科ペチュニア属です。 ペチュニアの別名は、衝羽根朝顔(つくばねあさがお)です。 ペチュニアの花言葉は、「あなたと一緒なら心がやわらぐ」「心のやすらぎ」です。 園芸植物として花が観賞されることが […]

コメントなし

ユリ

ユリは、ユリ科ユリ属の植物で、北半球の亜熱帯から亜寒帯にかけて約100種類が分布しています。 花色や形はさまざまで、ユリは4つの亜属に分けられ、日本には15種類の原種が自生しています。 代表的な原種には、ヤマユリ、カノコ […]

コメントなし


青森県の最高峰岩木山

岩木山(いわきさん)は青森県弘前市および西津軽郡鰺ヶ沢町に位置する火山です。

標高は1,625 mで、青森県の最高峰である。

津軽富士とも呼ばれています。

弘前側からみた右が巌鬼山(岩鬼山)、左が鳥海山です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    次の記事

    山菜そば、西目屋村