まぼろしの津軽そば

青森県弘前市塩分町、三忠塩分町分店。弘前さくらまつり期間中限定のまぼろしの津軽そば。

まぼろしの津軽そば




まぼろしの津軽そば




津軽弁、かぐじ

「かぐじ」とは、「家の裏庭」を意味する津軽弁です 。 かぐじのジョリはいて家を出て行ってしまった。 お庭のサンダルをはいて家を出ていってしまった。

コメントなし



鬼面庵、山菜そば

青森県青森市荒川南荒川山国有林酸湯沢50番地、酸ヶ湯温泉内、鬼面庵。 つなぎを使用せずそば粉だけで作られる名物「酸ヶ湯そば」

コメントなし

津軽そば、アキモト製麺

青森県弘前市駅前町12-1 虹のマート内、めんの店 アキモト 虹のマート店 。 定休日は日曜日。虹ノマート内にあるアキモト製麺直営店。 「津軽そば」とは、茹でそばをおいしく食べる方法です。 津軽地方で造るそばだから「津軽 […]

コメントなし

幻のそば

青森県弘前市駅前町12-1 虹のマート内、めんの店 アキモト 虹のマート店 。定休日は日曜日。虹ノマート内にあるアキモト製麺直営店。 「津軽そば」とは、茹でそばをおいしく食べる方法です。津軽地方で造るそばだから「津軽そば […]

コメントなし

親子そば

青森県弘前市大字富田3丁目2-17、「一力本店」。定休日は、月曜日(祝日の場合は翌日)。

コメントなし

まぼろしの津軽そば

青森県弘前市塩分町、三忠塩分町分店。弘前さくらまつり期間中限定のまぼろしの津軽そば。

コメントなし


津軽の歴史を学ぼう! 過去がわかれば、未来も開けてきます。歴史は人々が生きた証です。

津軽は、655年「日本書紀」に、「津苅」「東日流」「津刈」「都加留」と表記されています。

中世には「平賀郡(津軽平賀郡)」「鼻和郡(津軽鼻和郡)」「田舎郡(津軽田舎郡)」に分けられ「津軽三郡」と言われた。

焦らなくても大丈夫だ

焦らなくても大丈夫だ。だって、案外、自分が気にするほど周りは「あなた」のことなど見ていないし、気にもしてない。 そうかもしれません。 大嫌いなことをおしつけたり、おしつけられたりされても、 逆の立場になればよくわかる。 […]

コメントなし

丑寅櫓(うしとらやぐら)、弘前公園

青森県弘前市、二の丸丑寅櫓(にのまるうしとらやぐら)は、弘前公園にある弘前城の櫓(やぐら)の一つです。 櫓とは、城郭に取りつく敵への攻撃や物見のために造られた塔のような建物です。 二の丸丑寅櫓は、二の丸の北東を守るために […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    はやぶさ

    次の記事

    上ロースかつ