和食、とんかつ専門店、天ぷら専門店、寿司店など

青森県弘前市山下町12-1 、料理とお酒まさ。店舗は中央通り山下町へ移転しました。定休日は、主に日曜日。和食のお店、ランチの種類が多くて、今日はどれにしようかなあ-。

あんこう鍋と海鮮丼



青森県弘前市城東北3-1-12、 東家。

東家、うな重

青森県弘前市品川町33、かつ亭 定休日は毎週火曜日。

かつ亭、とりかつ定食

青森県弘前市田町1-8-3、いもや。定休日は、月曜日(祝日の場合は営業)

天丼、天ぷらいもや

青森県弘前市桶屋町65 、食事処とんかつしげ作、ヒレカツ定食のランチ。

しげ作、ヒレカツ定食ランチ



青森県黒石市大字中川字篠村14-1 、むらかつ 。不定休(基本無休)

むらかつ

青森県弘前市土手町31 土手町コミュニティーパーク ごちそうプラザ、鮨たむら。定休日は月曜日。プレミアランチ。

鮨たむら

青森県弘前市宮川3-4-3 、割烹味新。

割烹味新、ワンコインプレミアランチ

青森県黒石市横町13、創作料理の店蔵よし。定休日は水曜日。

創作料理の店蔵よし、天下一天ざる

青森県弘前市大字百沢字寺沢28-29、アソベの森 いわき荘内レストラン「アソベの森」


岩木高原豚、ひろさき豚辛丼

青森県弘前市宮地川添77-4、レストランこざくら。一町田のセリ鍋。

一町田のセリ鍋、レストランこざくら

青森県西津軽郡深浦町関字豊田6-6、匠屋(たくみや)。天然本マグロは水揚げ高では深浦町が青森県ナンバーワンです。深浦町産の天然本マグロを三個の小どんぶり(マグロ刺身丼、マグロ片面焼きステーキ丼、マグロ両面焼きステーキ丼)で楽しむ、天然本マグロの産地ならではのマグロ尽くしどんぶり御膳です。

匠屋(たくみや)、深浦マグロステーキ丼

青森県北津軽郡中泊町大字今泉字唐崎255、はくちょう亭奈良屋。

はくちょう亭奈良屋、中泊メバル膳

青森県西津軽郡鰺ヶ沢町赤石町大和田38-1、 ドライブイン汐風。

ドライブイン汐風、ヒラメのヅケ丼

青森県弘前市城東中央4-7-8 、味喜や 。

味喜や 、さば生干し定食




津軽弁、まで

までは、丁寧という意味の津軽弁です。 あの方は良い人です。 何でも、までに教えてくれます。

コメントなし



そばの矢車

青森県南津軽郡藤崎町大字水木字水元77-1、津軽路蕎麦処 そばの矢車。 そば処矢車、矢車海老蔵 そば処矢車、天ざる

文学碑と岩木山

青森県弘前市百沢周辺、文学碑と岩木山

松の湯交流館

青森県黒石市大字中町33、松の湯交流館。松の湯はかつて地域の人々に愛された銭湯でした。 屋根を突き抜け、力強い生命力を感じさせる松の木が印象的な松の湯は、この地に建てられた江戸時代の当時、旅籠(旅館)だったと伝えられてい […]

味喜や

青森県弘前市城東中央4-7-8 、味喜や 。 味喜や 、さば生干し定食 味喜や 、若どりのからあげ定食

島口重次郎先生顕彰碑

青森県弘前市西茂森1-1-25、茂森(兼平)の天満宮様境内。 島口 重次郎(しまぐち じゅうじろう、1912年(明治45年)青森県弘前市生まれ。日本の社会運動家、実業家、政治家。衆議院議員。 1958年5月、第28回衆議 […]



日本一長い木の橋として架けられました。全長300メートル、三連太鼓橋です。

鶴の舞橋は平成6年7月8日、廻堰大溜池(津軽富士見湖)に、日本一長い木の橋として架けられました。

全長300メートル、三連太鼓橋です。途中には、大小のステージがあります。

春陽橋、弘前公園

弘前公園、春陽橋は、西濠を隔て、市街地である五十石町と西の郭に架かる橋です。 1932年に市民の通行の利便性のために架橋されました。

コメントなし

七福神とは

七福神とは、日本で信仰される福徳の神様のことです。 七福神の名前は、恵比寿(えびす)、大黒天、毘沙門天、弁財天、福禄寿、寿老人(じゅろうじん)、布袋です。 それぞれがヒンドゥー教、仏教、道教、神道など様々な背景を持ち、幸 […]

コメントなし