チランジア・カプトメデューサエ

チランジア・カプトメデューサエは、エアプランツの一種です。

ギリシャ神話のメデューサのように葉がうねっています。

エアプランツは、土がなくても育つ特性を持っています。

原生地では樹木の幹や岩に着生して生育しており、根はあまり発達していません。

赤紫色の花を咲かせることもあります。

チランジア・カプトメデューサエ、

エアプランツの花言葉は、不屈です。

チランジア









ハクモクレン

ハクモクレンは、中国産のモクレン科モクレン属の落葉樹です。 春先に葉が展開する前に、白色の大きな花を上向きに咲かせます。 ハクモクレンの花言葉は、「気高さ」「崇高」です。 花は花被片9枚で、萼片と花弁は分化していません。 […]

コメントなし

ラベンダー

ラベンダーは、シソ科の半木本性植物で、紫や白、ピンク色の花を咲かせます。 香り高いハーブとして、古くから世界中で愛されてきました。 花言葉は、「沈黙」「私に答えてください」「期待」「不信感」「疑惑」です。 ラベンダーの香 […]

コメントなし

アケビ

アケビは、アケビ科のつる性落葉低木の一種で、日本各地の低山地の日向に自生しています。 アケビは秋に熟すと、楕円形の紫色の実をつけます。 アケビの実は、少し大きい卵のような楕円形の形をしており、甘くて食べられます。 アケビ […]

コメントなし

マリーゴールド

マリーゴールドは、キク科コウオウソウ属の一年草で、黄色やオレンジ色などの鮮やかな花を咲かせる植物です。 マリーゴールドの花言葉は、全体としては「嫉妬」「絶望」「悲しみ」などす。 黄色いマリーゴールドは「健康」、オレンジ色 […]

コメントなし

ミヤコワスレ、庭

ミヤコワスレは、4月〜6月にかけて紫色やピンクの花を咲かせる多年草です。 江戸時代から栽培されている山野草で、日本では茶室に生ける「茶花(ちゃばな)」として古くから親しまれています。 ミヤコワスレの花言葉は、「しばしの慰 […]

コメントなし



花が咲くまで7年前後の期間が必要とされています。

カタクリ(片栗)は、ユリ科カタクリ属に属する多年草。

カタクリの花には、「初恋」「寂しさに耐える」という2つの花言葉があります。

カタクリの花は、種が根付いてから、花が咲くまで7年前後の期間が必要とされています。

また、多年草ではあるものの、花を咲かせられるのは7回程度とも言われています。

ヤマセ

「ヤマセ」は、北日本の(主に東北地方)太平洋側で春から夏(5月から9月)に吹く冷たく湿った北東の風を指します。 この風は寒流の親潮の上を吹き渡ってくるため、冷たく、水稲を中心に農産物の生育と経済活動に大きな影響を与えます […]

コメントなし

東内門外橋(石橋)、弘前公園

東内門外橋(石橋)は、弘前公園の中にある石造りの橋で、二の丸と三の丸を隔てる中濠に架かっています。 1848年(弘化5年)に土橋から架け替えられたもので、城内では唯一の石造りの橋です。 橋を渡るとすぐに東内門があり、その […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    スターチス

    次の記事

    ホルモン焼 胡桃