コバギボウシ

コバギボウシは、キジカクシ科ギボウシ属の多年草で、北海道から九州までの日本各地に分布しています。

葉は長楕円形や披針形で、葉柄があります。

花は淡紫色や濃紫色で、花茎の先に下向きに咲きます。

花の蕾の形が橋の欄干につける装飾品の擬宝珠に似ていることから、この名前がついたと言われています。

コバギボウシの花言葉は、「静かな人」「静寂」「沈静」「変わらない思い」などです。

 これらの花言葉は、コバギボウシの淡紫色や濃紫色の清楚でひかえめな花姿が静かで安らかな印象を与えることに由来しています。

コバギボウシ






コモチレンゲ

コモチレンゲは、バラの花が連なったような葉が特徴の植物で、別名を「礼文岩蓮華(レブンイワレンゲ)」と言います。 秋口には塔のように花穂が伸びて白い花を咲かせます。 原産地は北海道で、主に関東より東側に自生する「イワレンゲ […]

コメントなし

スイカズラ(吸い葛)

スイカズラは、スイカズラ科スイカズラ属の常緑または半常緑のつる性木本です。 日本から東アジア一帯に分布し、初夏に白い花を咲かせます。 花の筒の奥に甘い蜜があり、子どもたちが吸って楽しんだことから「吸い葛」という名前がつき […]

コメントなし

サクラの切り花

サクラは、バラ科の落葉広葉樹の総称で、白色や紅色の美しい花を咲かせます。 サクラの花は古くから文化や歴史に深く関わっており、花見などの風習があります。 サクラの花言葉は「精神の美」「優美な女性」などです。

コメントなし

陽光桜(ヨウコウザクラ)

陽光桜(ヨウコウザクラ)は日本原産桜で、愛媛県に住んでいた高岡正明さんがアマギヨシノとカンヒザクラを交配させて作り出した品種です。 別名「陽光」とも呼ばれます。 陽光桜の花言葉は、サクラの花言葉と同様に「高尚」「心の美し […]

コメントなし

アマチャ

アマチャとは、アジサイ科の植物で、葉に甘味があることが特徴です。  アマチャの葉は、乾燥させて発酵させた後に煎じて飲むことができます。 アマチャには、抗アレルギー作用や歯周病改善などの効能があるとされています。 仏教の行 […]

コメントなし


弘前市(ひろさきし)は、日本で最初に市制施行地に指定された都市のひとつ。

弘前藩の城下町として発展し、現在も津軽地方の中心都市です。

弘前市の木として「りんご」、市の花として「さくら」を選定しています。

エントロピーとは

エントロピーは、エネルギーの乱雑さを示す尺度です。 低エントロピーの状態はエネルギーが高度に集中していることを意味し、高エントロピーの状態はエネルギーが拡散していることを示します。 エントロピーは物理的・化学的プロセスが […]

コメントなし

亀甲門、弘前公園

亀甲門(かめのこもん)は、北側にある門、北門(きたもん)の別名です。由来は、北方の守護神として玄武という亀の神様とされております。 築城後間もなくはこの門が弘前城の正門とされていました。 亀甲門(かめのこもん)、大光寺城 […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です