マリーゴールド

マリーゴールドは、キク科コウオウソウ属の植物の総称で、黄色やオレンジ色などの鮮やかな花を咲かせます。

一年草が多いですが、多年草や亜灌木もあります。

メキシコ原産で、日本には江戸時代に渡来しました。

マリーゴールドの花言葉は、全般的には「嫉妬」「絶望」「悲しみ」といった悲恋の意味があります。

オレンジのマリーゴールドは「予言」という花言葉を持ちます。

マリーゴールド






ススキ

ススキは、イネ科ススキ属の多年生植物で、日本全国に自生しています。 夏~秋にかけて、茎の先に約20~30センチの「花穂(かすい)」を付けます。 ススキの花言葉は、「活力」「生命力」「心が通じる」です。

コメントなし

ナツズイセン(夏水仙)

ナツズイセン(夏水仙)は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草で、中国や日本に分布しています。 和名は、葉がスイセンに似ていて、花が夏に咲くことからつけられました。 花は薄桃色で、花期には葉がないことから、マジックリリーとも […]

コメントなし

ニッコウキスゲ

ニッコウキスゲは、ユリ科の一日花で、朝に開花すると夕方にはしぼんでしまいます。 黄色やオレンジ色のラッパ状の花を咲かせ、茎の先に6~8個ほどの蕾をつけます。 花びらは6枚ですが、うち3枚はガクが変化したものです。 花期は […]

コメントなし

ヒガンバナ(彼岸花)

ヒガンバナ(彼岸花)は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草で、中国大陸が原産地です。 日本には古くから伝わり、秋の彼岸の頃に鮮やかな赤い花を咲かせます。 ヒガンバナ(彼岸花)は、球根で増えます。 花言葉は、「悲しき思い出」 […]

コメントなし

シュウメイギク(秋明菊)

シュウメイギク(秋明菊)は、キンポウゲ科の多年草で、白やピンクの花を咲かせます。 日本では里山や野原に自生していますが、原産地は中国です。 シュウメイギクの花言葉は「淡い思い」「薄れゆく愛」などです。

コメントなし


青森県の最高峰岩木山

岩木山(いわきさん)は青森県弘前市および西津軽郡鰺ヶ沢町に位置する火山です。

標高は1,625 mで、青森県の最高峰である。

津軽富士とも呼ばれています。

弘前側からみた右が巌鬼山(岩鬼山)、左が鳥海山です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    次の記事

    猿賀公園蓮の花まつり