タチアオイ

タチアオイはアオイ科タチアオイ属の多年草で、地中海沿岸が原産地です。

6月から8月にかけて、赤やピンク、白など色とりどりの花を咲かせます。

花は垂直に伸びた花茎の下から上に咲き上っていくのが特徴で、梅雨入りの頃に咲き始めることから「ツユアオイ(梅雨葵)」とも呼ばれます。

花言葉は「大望」「野心」「豊かな実り」などがあります。

タチアオイ







ホトトギス

ホトトギス(杜鵑草)は、ユリ科ホトトギス属の多年草で、日本の特産種です。 日陰のやや湿った斜面や崖、岩場に見られ、葉のわきに紫色の斑点のある花を上向きに咲かせます。 品種や交配種も多く、秋に美しい花を楽しむことができます […]

コメントなし

クレマチス

クレマチスには、たくさんの種類や品種があります。 一般的には咲き方や花の色、花の形で分類されます。 咲き方では、旧枝咲き、新枝咲き、新旧枝咲きの3つに分けられます。 クレマチスの花言葉は、一般的には「精神の美」「旅人の喜 […]

コメントなし

サトザクラ(里桜)

サトザクラ(里桜)は、広義ではバラ科サクラ属のサクラの栽培品種の総称です。 狭義ではオオシマザクラを基に誕生した栽培品種の品種群のことです。 サトザクラは人が住んでいる場所に植えられていることから、その名がつきました。

コメントなし

キバナスズメラン

キバナスズメランは、ブラジルやアルゼンチンが原産のランの仲間で、オンシジウムという品種が人気です。 花言葉はは、「優雅さ」「華やかさ」「高貴さ」などです。

コメントなし

シャクナゲ

シャクナゲは、ツツジ科ツツジ属の植物の総称です。 シャクナゲは、日本にも多くの種類が自生していますが、その多くは変種であり、種のレベルでは4種または6種に集約されます。 シャクナゲの花言葉は「威厳」「荘厳」「危険」です。 […]

コメントなし


岩木山のふもとにある神社で、創建約1,200余年の歴史を持っています。

岩木山神社(いわきやまじんじゃ)、入り口から参道、楼門、拝殿、本殿。

そして奥の院は岩木山山頂にあります。

津軽富士とも呼ばれる美しい岩木山のふもとにある神社で、創建約1,200余年の歴史を持っています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です