チューリップ、黄色

チューリップは、ユリ科チューリップ属で、球根をつくる多年草です。

チューリップは、中央アジアから北アフリカにかけての地域が原産地といわれています。

日本には江戸時代の終わり頃に伝わりました。

チューリップの花言葉は、一般的には「思いやり」「恋の告白」「博愛」などの意味があります。

黄色のチューリップの花言葉は「望みのない恋」「失恋」「正直」などです。

「愛の表示」「母の日」「名声」など、ポジティブな花言葉もあります。

チューリップ



津軽弁、じゃんぼ

「じゃんぼ」とは、「髪の毛」や「髪」を意味する津軽弁です 。 明治時代にちょんまげを切った髪型を「散切り頭(ザンギリアタマ)」と呼んだことに由来します 。 その「ザン」と坊主の「ボ」をとって「ザンボ」と呼び、それが訛って […]

コメントなし



マリーゴールド、庭

マリーゴールドは、キク科コウオウソウ属の植物の総称で、黄色やオレンジ色などの鮮やかな花を咲かせます。 一年草が多いですが、多年草や亜灌木もあります。 メキシコ原産で、日本には江戸時代に渡来しました。 マリーゴールドの花言 […]

コメントなし

ソメイヨシノ、紅葉

ソメイヨシノの紅葉は、部分的に黄色が交じることもあり、様々な色味の葉を見せてくれます。 ソメイヨシノは、明治の中頃からサクラの中で圧倒的に多く植えられた品種です。 染井村(現在の東京都豊島区駒込)の植木職人が作り出したも […]

コメントなし

ハクモクレン、道端

ハクモクレンは、中国産のモクレン科モクレン属の落葉樹です。 春先に葉が展開する前に、白色の大きな花を上向きに咲かせます。 ハクモクレンの花言葉は、「気高さ」「崇高」です。 花は花被片9枚で、萼片と花弁は分化していません。 […]

コメントなし

チューリップ、黄色

チューリップは、ユリ科チューリップ属で、球根をつくる多年草です。 チューリップは、中央アジアから北アフリカにかけての地域が原産地といわれています。 日本には江戸時代の終わり頃に伝わりました。 チューリップの花言葉は、一般 […]

コメントなし

ゼラニウム

ゼラニウムは、南アフリカ原産で、フウロソウ科ペラルゴニウム属の非耐寒性常緑多年草です。 花色は代表的な赤の他、ピンクや白、橙、青紫などがあります。 四季咲きで丈夫、虫が嫌う臭いを発し、手入れが簡単で長く咲き続けるので、ホ […]

コメントなし


岩木山のふもとにある神社で、創建約1,200余年の歴史を持っています。

岩木山神社(いわきやまじんじゃ)、入り口から参道、楼門、拝殿、本殿。

そして奥の院は岩木山山頂にあります。

津軽富士とも呼ばれる美しい岩木山のふもとにある神社で、創建約1,200余年の歴史を持っています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    テッセン(鉄線)

    次の記事

    三内丸山遺跡