スイセン

スイセンは、ヒガンバナ科スイセン属の球根植物で、白や黄色などの明るい色の花を咲かせます。

スイセンには多くの品種があり、花の形や香りもさまざまです。

スイセンの花言葉は、自己愛、うぬぼれです。

スイセン



スイセンは秋から春にかけて咲きますが、中には秋に咲く品種もあります。

スイセンは水はけのよい場所を好み、肥料や水やりは控えめにするとよく育ちます。

津軽弁、くだめぎ

くだめぎとは、愚痴という意味の津軽弁です。 くだめぎばかりで、少しは仕事をしてください。 くだめぎをいうけれど、やることはやります。

コメントなし



カンイタドリ(寒虎杖)

カンイタドリ(寒虎杖)、別名ヒメツルソバは、タデ科の植物です。花言葉は、愛に溢れている、向上心があるです。 カンイタドリ(寒虎杖)は繁殖力が強く、グラウンドカバーに適しています。

コメントなし

ユリ

ユリは、ユリ科ユリ属の植物で、北半球の亜熱帯から亜寒帯にかけて約100種類が分布しています。 花色や形はさまざまで、ユリは4つの亜属に分けられ、日本には15種類の原種が自生しています。 代表的な原種には、ヤマユリ、カノコ […]

コメントなし

ロトウザクラ(魯桃桜)

弘前城公園内ピクニック広場に咲く、ロトウザクラ(魯桃桜)。 ロトウザクラ(魯桃桜)は、 日露戦争 の凱旋記念として シベリア から持ち帰り、 長野県佐久市の桜井尋常高等小学校に植えられていたもので、1921年(大正10年 […]

コメントなし

ミセバヤ(見せばや)

ミセバヤ(見せばや)は、ベンケイソウ科ムラサキベンケイソウ属に分類される多肉性の宿根草で、園芸植物の一つです。 和名は「見せたい」という意味の古語が変形したもので、高野山の法師が詠んだ和歌にちなんでいると言われています。 […]

コメントなし

農村公園の藤棚

通りかかった道端の農村公園。藤の花が満開でした。 藤の花言葉は「優しさ」「歓迎」「佳客」、「恋に酔う」「陶酔する恋」、「決して離れない」

コメントなし


最新の投稿・ページ、新規・更新すべてを網羅

最新の投稿

最新のページ

新規・更新をチェック!

すべての投稿・ページの新規、更新を網羅して、一覧表示しています。

エントロピーとは

エントロピーは、エネルギーの乱雑さを示す尺度です。 低エントロピーの状態はエネルギーが高度に集中していることを意味し、高エントロピーの状態はエネルギーが拡散していることを示します。 エントロピーは物理的・化学的プロセスが […]

コメントなし

鷹丘橋、弘前公園

鷹丘橋とは、弘前公園の内濠に架かる橋で、本丸と北の郭を結んでいます。 鷹丘橋という名は、弘前城の旧名である鷹丘城(高岡城)にちなんだものと思われます。 この橋は1670年(寛文10年)、4代藩主 信政 が母の屋敷のある北 […]

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です