クロッカス

クロッカスは早春に咲き、観賞用のみに栽培されるため、春サフラン、花サフランなどとも呼ばれています。花言葉は「青春の喜び」「切望」









ぺチュニア

ぺチュニアは、南米原産のナス科ペチュニア属です。 ペチュニアの別名は、衝羽根朝顔(つくばねあさがお)です。 ペチュニアの花言葉は、「あなたと一緒なら心がやわらぐ」「心のやすらぎ」です。 園芸植物として花が観賞されることが […]

コメントなし

コヒガンザクラ

コヒガンザクラは、バラ科サクラ属のサクラの一種で、エドヒガンとマメザクラの雑種と考えられています。 花期は3月中旬から4月上旬で、淡紅色や白色の一重咲きの花を咲かせます。 コヒガンザクラの花言葉は、心の平安や私を忘れない […]

コメントなし

ゼラニウム

ゼラニウムは、南アフリカ原産で、フウロソウ科ペラルゴニウム属の非耐寒性常緑多年草です。 花色は代表的な赤の他、ピンクや白、橙、青紫などがあります。 四季咲きで丈夫、虫が嫌う臭いを発し、手入れが簡単で長く咲き続けるので、ホ […]

コメントなし

コスモス

コスモスはキク科の植物です。 色や形がさまざまな品種がありますが、一般的にはオオハルシャギクと呼ばれるピンクや白の花が有名です。 コスモスの名前はギリシャ語の「秩序」や「調和」を意味する言葉からきています。 コスモスの花 […]

コメントなし

カナダ・アネモネ

カナダ・アネモネは、キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草で、北米原産です。 白い花を茎の先に咲かせます。 カナダ・アネモネの花言葉は、アネモネ全体としては「はかない恋」「恋の苦しみ」「見捨てられた」「見放された」など。

コメントなし

クリ

クリは、ブナ科クリ属の木の一種です。 クリは日本と朝鮮半島南部に分布します。 クリは雌雄同株・雌雄異花で、白い穂状の花序を咲かせます。 花序の上部には多数の雄花がつき、下部に2、3個の雌花がつきます。 クリの花は虫媒花で […]

コメントなし

ユリ

ユリは、ユリ科ユリ属の植物で、北半球の亜熱帯から亜寒帯にかけて約100種類が分布しています。 花色や形はさまざまで、ユリは4つの亜属に分けられ、日本には15種類の原種が自生しています。 代表的な原種には、ヤマユリ、カノコ […]

コメントなし

ソメイヨシノ、紅葉

ソメイヨシノの紅葉は、部分的に黄色が交じることもあり、様々な色味の葉を見せてくれます。 ソメイヨシノは、明治の中頃からサクラの中で圧倒的に多く植えられた品種です。 染井村(現在の東京都豊島区駒込)の植木職人が作り出したも […]

コメントなし

リュウキンカ

リュウキンカ(立金花)は、キンポウゲ科リュウキンカ属の多年草。茎が直立し、黄金色の花をつけることから立金花と呼称されるようになった。

コメントなし

トマト

トマトは、南アメリカのアンデス山脈高原地帯原産のナス科ナス属の植物で、その果実を食用にします。 トマトの花言葉は「完成美」と「感謝」です。 トマトの果実は真ん丸で艶がありまるでルビーのように美しいことから、「完成美」とい […]

コメントなし

イトラン(糸蘭)

イトランは、リュウゼツラン科の植物で、ユッカとも呼ばれます。 白い花を咲かせる常緑低木で、耐寒性や耐暑性があります。 イトランにはいくつかの種類がありますが、日本でよく見られるのはセンジュラン(Yucca aloifol […]

コメントなし

ハチス

ハチスは、ムクゲの別名です。 ムクゲは、アオイ科フヨウ属の落葉低木で、夏から秋にかけて白やピンクなどの美しい花を咲かせます。 ムクゲの花言葉は、「尊敬」「信念」「説得」「慈しみ」「繊細な美」「デリケートな愛」です。

コメントなし

オレガノ・ロトゥンディフォリウム

オレガノ・ロトゥンディフォリウムは、シソ科ハナハッカ属の多年生植物で、トルコやアルメニア、グルジアが原産地です。 花は桃色に変わる淡い緑色の苞葉の中にあり、優美に垂れる草姿が魅力的です。 花期は主に初夏から夏で、高さは1 […]

コメントなし

メタセコイヤ

メタセコイアは、中国原産の落葉高木で、和名はアケボノスギとも呼ばれます。 葉は秋に紅葉して枝とともに落ちます。 メタセコイアは化石植物として発見された後、生きているものが中国で見つかりました。 そのため、生きている化石と […]

コメントなし

ラッパスイセン

ラッパスイセンは、ヒガンバナ科スイセン属の多年草です。 ラッパスイセンの花言葉は、悲しみの終わりです。 ラッパスイセンは、地中海原産のヒガンバナ科の植物で、別名 ラッパズイセン とも呼ばれます。 この花は西ヨーロッパに主 […]

コメントなし

ミヤコワスレ

ミヤコワスレは、4月〜6月にかけて紫色や白色の花を咲かせる多年草です。 江戸時代から栽培されている山野草で、茶室に生ける「茶花(ちゃばな)」として古くから親しまれています。 ミヤコワスレは漢字で「都忘れ」と表記されます。 […]

コメントなし

ススキ

ススキは、イネ科ススキ属の多年生植物で、日本全国に自生しています。 夏~秋にかけて、茎の先に約20~30センチの「花穂(かすい)」を付けます。 ススキの花言葉は、「活力」「生命力」「心が通じる」です。

コメントなし

シモツケ

シモツケは、バラ科シモツケ属の落葉低木で、日本、中国、朝鮮半島に分布しています。 5月から8月にかけて、小さなピンクや白の花を多数咲かせます。 耐寒性や耐暑性が強く、育てやすい植物です。 シモツケの花言葉は、「はかなさ」 […]

コメントなし

孔雀柏

孔雀柏は、日本の扁柏の栽培変種で、非常に珍しい木です。 その名前は、葉の形が孔雀の飾り羽に似ていることからつけられました。 孔雀柏は、京都周辺の温暖な地域に少数生育しており、東北地方では青森県の平川市にある猿賀神社の境内 […]

コメントなし

アジサイ

アジサイの花は、日本原産の落葉低木で、梅雨の季節に色とりどりに咲きます。  アジサイの花は、実は装飾花と呼ばれる萼が発達したもので、真ん中にある小さな花が真花です。 花の色は、土壌の酸度によって変化します。 アジサイの花 […]

コメントなし



青森県の最高峰岩木山

岩木山(いわきさん)は青森県弘前市および西津軽郡鰺ヶ沢町に位置する火山です。

標高は1,625 mで、青森県の最高峰である。

津軽富士とも呼ばれています。

弘前側からみた右が巌鬼山(岩鬼山)、左が鳥海山です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    サンシュユ(山茱萸)

    次の記事

    鍋ラーメン牛乳味噌