海鮮天丼

青森県弘前市田町1-8-3、いもや。定休日は、月曜日(祝日の場合は営業)

海鮮天丼





海鮮天丼





冷やしたぬきうどんとおまかせ海鮮丼

青森県弘前市山下町12-1 、料理とお酒まさ。 冷やしたぬきうどんとおまかせ海鮮丼

コメントなし

一町田のセリ鍋

青森県弘前市宮地川添77-4、レストランこざくら。一町田のセリ鍋。

コメントなし

土用の丑

青森県弘前市城東北3-1-12 、東家。7月27日は土用の丑。

コメントなし

野菜の春巻きと豚メンチカツ

青森県弘前市山下町12-1 、料理とお酒「まさ」。定休日は、主に日曜日。 野菜の春巻きと豚メンチカツ、料理とお酒まさ 大きな春巻きです。熱い!

コメントなし

豚ドン

青森県弘前市土手町、中三デパート内フードコート、豚ドン。

コメントなし

まぐろ尽くし

青森県弘前市大字早稲田2-2-2、 清次郎 弘前店 (せいじろう) まぐろ尽くしランチ

コメントなし

若生おにぎり

青森県五所川原市金木町朝日山195-2、金木観光物産館マディニー内、太宰らうめんと郷土料理「はな」 若生(わかおい)とは、薄く柔らかい1年昆布のことで、「若生おにぎり」は、炊き立てのご飯を若生(わかおい)昆布で包んだだけ […]

コメントなし

鯛茶漬け、料理とお酒まさ

青森県弘前市山下町12-1 、料理とお酒「まさ」。定休日は、主に日曜日。青森県小泊産の天然鯛の鯛茶漬け。

コメントなし

平目と真鱈のタラコ丼、料理とお酒まさ

青森県弘前市山下町12-1 、料理とお酒まさ。定休日は、主に日曜日。

コメントなし

カツ丼

かつ丼ではなく、カツ丼。牛丼、焼き肉丼、親子丼、海鮮丼等。丼ものは、昼食には欠かせません。 豚汁付きです。 おまけの唐揚げ、食べ過ぎか?今日は少し元気になりました?

コメントなし

牛丼と冷麺

青森県弘前市高崎2丁目15-1 さくら野弘前別館ラフォルテ1階、焼肉・冷麺 中道 さくら野店。年中無休。 牛丼と冷麺

コメントなし

フグちり鍋とおまかせ海鮮丼

青森県弘前市山下町12-1 、料理とお酒まさ。定休日は、主に日曜日。和食のお店。 フグちり鍋とおまかせ海鮮丼 フグちり鍋 ホタテ、サーモン、カニ、真タラ子、おまかせ海鮮丼 つなぐる食事券が当たりました。ラッキー! 応募券 […]

コメントなし

親子丼、家めし

親子丼、家めし。親子丼などの丼物は、大人気です。 材料:鶏肉、玉ねぎ、玉子です。 調味料は酒・みりん・醤油・だし・砂糖です。 レシピ通り玉ねぎを煮て、鶏肉に火を通します。玉子を2回に分けて入れるところポイントだそうです。

コメントなし

津軽そばと海鮮丼

青森県弘前市駅前町12-1 虹のマート内、めんの店 アキモト 虹のマート店 。定休日は日曜日。虹ノマートないあるアキモト製麺直営店。 青森県弘前市駅前町12-1 虹のマート内、まぐろの源さん 虹のマート店 。定休日は日曜 […]

コメントなし

食べ納め2022

今年も残り2日。仕事納め。そして外食、食べ納めです。

コメントなし

仕出しの鈴木

青森県つがる市森田町床舞猿沢9-40、仕出しの鈴木。 仕出しの鈴木、弁当 これに、ごはんがついてます。

コメントなし

タラ鍋とおまかせ海鮮丼

青森県弘前市山下町12-1 、料理とお酒「まさ」。定休日は、主に日曜日。和食のお店、ランチの種類が多くて、今日はどれにしようかなあ-。

コメントなし

和風、鶏ネギつけ麺

つけ麺屋でないのに、メニューにありました。和風、鶏ネギつけ麺。青森県弘前市山下町12-1 、料理とお酒「まさ」。

コメントなし

国産牛ステーキ丼ぶり、kitchen KAMEYA

青森県弘前市浜の町東3-1-7、kitchen KAMEYA。定休日は月曜日。 国産牛ステーキ丼ぶり。

コメントなし

ほっけのつみれ鍋とおまかせ海鮮丼

青森県弘前市山下町12-1 、料理とお酒「まさ」。

コメントなし



今日はどこで、ランチ・・・。

サラーリマンの楽しみは何といっても昼食。

今日はどこで、ランチ・・・。

気分次第、仕事がらみもあり、迷いながらも結局ここかという時もあります。

人事を尽くして天命を待つ

「人事を尽くして天命を待つ」とは、人間の力でできる限りのことをしたら、あとは焦らず、天の意思に任せるという意味です。 この言葉は、中国の儒学者である胡寅(こいん)が書いた「読史管見」に由来しています。 この本には、「人事 […]

コメントなし

鷹丘橋、弘前公園

鷹丘橋とは、弘前公園の内濠に架かる橋で、本丸と北の郭を結んでいます。 鷹丘橋という名は、弘前城の旧名である鷹丘城(高岡城)にちなんだものと思われます。 この橋は1670年(寛文10年)、4代藩主 信政 が母の屋敷のある北 […]

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    豆苗

    次の記事

    年越しそば2022