いか焼き

青森県西津軽郡深浦町大字風合瀬字上砂子川144-1、道の駅ふかうら かそせいか焼き村。

焼きいか、日本海産スルメイカ、炭火でじっくり、いか焼き村といったら焼きいか!

いか焼き村



焼きいか

たこめし

昼食は、焼きいか、タコ飯、いなりなど。



あんみつ、御菓子司 開源堂川嶋

青森県弘前市品川町15、御菓子司 開源堂川嶋。定休日は、日曜日です。

コメントなし

本マグロ、ウニ、イクラ、ホタテ丼

青森県弘前市大字駅前町12-1 、虹のマート内、まぐろの源ちゃん。定休日は日曜日。 本マグロ、ウニ、イクラ、ホタテ丼 本マグロ、ウニ、イクラ、ホタテ丼

コメントなし

ギャラリー芭蕉 (バショウ)

青森県弘前市外崎1-3-1、ギャラリー芭蕉(バショウ)、甘味処。 特製フルーツあんみつ、ハーフサイズ、コーヒー付き 特製フルーツあんみつ、ハーフサイズ

コメントなし

えんやきのお雛様

青森県弘前市新寺町32、株式会社 しかないせんべい。 せんべいとお菓子のしかない。 えんやきのお雛様バージョン。 「えんやき」の名前の由来は、 ご縁がありますように。 ご円がありますように。 ご援がありますように。

コメントなし

まぐろの源ちゃん

青森県弘前市大字駅前町12-1 、虹のマート内、まぐろの源ちゃん。定休日は日曜日。 本マグロ、赤身、中トロ、大トロ 本マグロ、赤身、中トロ、大トロ 本マグロ、赤身、中トロ、大トロ

コメントなし

恵方巻2024年

2024年の節分は2月3日で、恵方は東北東です。 恵方巻を食べるときは、切らずに丸ごと食べます。 恵方巻は、節分にその年の恵方、良い方角に向かって無言で食べると願いが叶うとされる巻き寿司のことです。 恵方巻には、七福神に […]

コメントなし

折詰弁当、ぐるめ

青森県青森市自由ケ丘1-9-13、㈱ぐるめ。 折詰弁当

コメントなし

干梅、松葉堂まつむら菓子店

青森県黒石市大字中町30、(有)松葉堂 まつむら。 干梅~ほしうめ~。 「干梅」は梅の果肉と一緒に漬け込んだ青森県産のシソの葉に白餡の牛皮まんじゅうを丁寧に包み、白砂糖をまぶしたものです。 シソの塩漬けの酸味・塩味と白餡 […]

コメントなし

粟(アワ)ぜんざい

青森県弘前市田代町14-2,寿々炉本店。 北国の城下町弘前の地で、地元ならではの材料や、全国の本物の原材料を本物の技術で、和菓子に愛情をこめて作っております。 粟(アワ)ぜんざい アワと粟は、同じイネ科の植物で、雑穀の一 […]

コメントなし

ボンジュールマヴィ 弘前泉野店

青森県弘前市泉野2-1-3、ボンジュールマヴィ 弘前泉野店。 毎週月・火曜日定休日 「ボンジュール」のアップルパイは、紅玉を使っており、甘味もありつつ、程よく酸味が残っているりんごが特徴です。 フルーツクレープ

コメントなし


津軽の歴史を学ぼう! 過去がわかれば、未来も開けてきます。歴史は人々が生きた証です。

津軽は、655年「日本書紀」に、「津苅」「東日流」「津刈」「都加留」と表記されています。

中世には「平賀郡(津軽平賀郡)」「鼻和郡(津軽鼻和郡)」「田舎郡(津軽田舎郡)」に分けられ「津軽三郡」と言われた。

心を穏やかにさせるには

心を穏やかにさせるには思いやりを持つことが大事である。 一切の私心をはさまずに物事にあたり、人に接するならば、心は穏やかで余裕を持つことができるのだ。 心穏やかに過ごしたいと思うがなかなかです。 といことは、まだ私心があ […]

コメントなし

杉の大橋、弘前公園

杉の大橋は、弘前公園内にある橋の一つで、二の丸と三の丸を隔てる内濠に架かっています。 築城当時はスギ材で作られた架け橋で、戦時には敵の侵入を防ぐために壊される仕組みになっていました。 1821年(文政4年)にヒノキ材によ […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です