煮干し中華そば、八助

移転した八助。青森県弘前市堀越柳田92-2、八助 (やすけ)、定休日は木曜日。

中華そば、八助



煮干し中華そば、八助

煮干し中華そば、八助



ミニチャーシュー丼、八助

ミニチャーシュー丼、八助




津軽弁、かしっこ

かしっことは、お菓子という意味の津軽弁です。 またかしっこ食べているな、私にもください。 お茶を飲みながらかしっこを食べるのが楽しみです。

コメントなし



エビラーメン

青森県弘前市大字茂森町16、来々軒。定休日は、木曜日。

コメントなし

醤油ラーメン、中華飯店 幡龍 あるじゃ店

青森県北津軽郡鶴田町境里見176-1、中華飯店 幡龍 あるじゃ店。 醤油ラーメン

コメントなし

チャーハンと中華そば、白神飯店

青森県弘前市国吉字村元279-2 、白神飯店。定休日は火曜日です。 チャーハンと中華そば、白神飯店 チャーハン 中華そば

コメントなし

駒繋醤油ラーメン

青森県弘前市野田1-5-1、麺処駒繋(コマツナギ)。 駒繋醤油ラーメン 駒繋は、味玉1個、チャーシュー4枚、鶏団子1個、のり4枚が入っているとうことでした。 チャーシュー丼も頼みました。 お店のメニューです。 駒繋(コマ […]

コメントなし

海老塩ラーメン、中華料理 桃菜

青森県弘前市城東中央3-1-15、中華料理 桃菜。定休日は火曜日。 海老塩ラーメン、中華料理 桃菜

コメントなし


津軽の歴史を学ぼう! 過去がわかれば、未来も開けてきます。歴史は人々が生きた証です。

津軽は、655年「日本書紀」に、「津苅」「東日流」「津刈」「都加留」と表記されています。

中世には「平賀郡(津軽平賀郡)」「鼻和郡(津軽鼻和郡)」「田舎郡(津軽田舎郡)」に分けられ「津軽三郡」と言われた。

親の七光りとは

親の七光りとは、親の持つ地位や権力が子供に恩恵を与えることを意味する言葉です。 元々は「親の光は七光り」ということわざでしたが、現在では「親の七光り」や「七光り」と略されることが多いです。 「七光り」には、親の威光がさま […]

コメントなし

丑寅櫓(うしとらやぐら)、弘前公園

青森県弘前市、二の丸丑寅櫓(にのまるうしとらやぐら)は、弘前公園にある弘前城の櫓(やぐら)の一つです。 櫓とは、城郭に取りつく敵への攻撃や物見のために造られた塔のような建物です。 二の丸丑寅櫓は、二の丸の北東を守るために […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    朝カレー

    次の記事

    中華そば、我が家