ラーメン

青森県弘前市大字茂森町16、来々軒。定休日は、木曜日。

ラーメン、来々軒





バラそば、出し屋五丈軒

青森県青森市浜田1-10-15、出し屋五丈軒(だしやごじょうけん) 出し屋五丈軒(だしやごじょうけん)、バラそば

コメントなし

蕎麦屋さんのラーメン、一力

青森県弘前市富田3-2-17、一力。定休日は、月曜日(祝日の場合は翌日)。

コメントなし

煮干しラーメン、麺処 中むら

青森県平川市柏木町東田313-3 、麺処 中むら。定休日は、月曜日(祝日の場合は翌日休み)

コメントなし

エビラーメン

青森県弘前市大字茂森町16、来々軒。定休日は、木曜日。

コメントなし

醤油ラーメン、中華飯店 幡龍 あるじゃ店

青森県北津軽郡鶴田町境里見176-1、中華飯店 幡龍 あるじゃ店。 醤油ラーメン

コメントなし

広東麺とチャーハン

青森県弘前市広野1-1-15、銀華飯店。定休日は水曜日。 広東麺とチャーハン 広東麺は、中華麺に野菜や肉、魚介などの具材ととろみのある餡をかけたものです。  

コメントなし

まるかいラーメン

青森県青森市安方2-2-16、まるかいラーメン。定休日は日曜日。醤油ラーメン中。

コメントなし

げんこつ屋

青森県弘前市大字泉野3丁目11-10、げんこつ屋。定休日は火曜日。

コメントなし

五目ラーメン

青森県弘前市大字小沢字御笠見58-1 、アップル食堂。定休日は火曜日。

コメントなし

中華そば、やまや

青森県南津軽郡田舎館村大字前田屋敷東中野56-36 、ラーメン やまや 。定休日は、月曜日。

コメントなし

ざる中華

ざる中華または、中華ざる。ネギとわさび、麺汁で食べます。暑くなると食べたくなります。青森県弘前市茂森町97 、田沢食堂。定休日は毎週日曜、第一土曜日。良く食べます。真冬でも食べれます。シナタケ、チャーシユーもついています […]

コメントなし

中華そばと焼きそば、味助

青森県平川市尾上大字高木字原富209、味助、定休日月曜日、火曜日。 味助は、ラーメンと焼きそばのお店です。 中華そばは、醤油ベースの濃厚な煮干しスープと細ちぢれ麺が特徴です。 焼きそば

コメントなし

坦々めん、中華料理みんぱい

青森県弘前市大字八幡町2-8-7、中華料理みんぱい。 坦々めんとは、中華料理で、辛味を利かせた挽肉やザーサイの細切りなどをのせた麺料理です。

コメントなし

ホルモン焼 胡桃

青森県北津軽郡鶴田町胡桃舘池田37-6、ホルモン焼 胡桃、定休日は日曜日。 ラーメン

コメントなし

麺処 駒繋(コマツナギ)

青森県弘前市野田1-5-1、 麺処 駒繋(コマツナギ)。 醤油ラーメン、あっさり 醤油ラーメン、あっさり 駒繋(コマツナギ)は、夏にピンク色の花を咲かせる、マメ科の山野草。その名前の由来は、根が地中深く入って、馬(駒)を […]

コメントなし

小ラーメンと小チャーハンのセット

青森県弘前市城東北3-1-12、 東家。少し寒くなってきました。鍋焼きうどん、ランチメニュー。

コメントなし

にぼちゅう

青森県弘前市高崎2-1-6、二代目 にぼShin.高崎店。定休日は月曜です。 にぼちゅう、ワンコインでいただきました。 追加でにぼちゅうおにぎりもいただきました。

コメントなし

担々めん

青森県弘前市大字八幡町2-8-7、中料理みんぱい。 坦々めんとは、中華料理で、辛味を利かせた挽肉やザーサイの細切りなどをのせた麺料理です。

コメントなし

味噌ラーメンとチャーハンのセット

青森県弘前市新町230 、 山忠 下町店 (やまちゅう)。定休日は、火曜日 。

コメントなし

つけ麺 、麺処駒繋

青森県弘前市野田1-5-1、麺処駒繋(コマツナギ)。 つけ麺(こってり)、並、あつもり。あつもりとは温かい麺のことです。チャーシュー、レモン、のり付きです。 駒繋龍つけ麺の味わい方 別皿のチャーシューをスープに入れます。 […]

コメントなし




弘前市(ひろさきし)は、日本で最初に市制施行地に指定された都市のひとつ。

弘前藩の城下町として発展し、現在も津軽地方の中心都市です。

弘前市の木として「りんご」、市の花として「さくら」を選定しています。

ネオンテトラ

ネオンテトラは、小型で美しい色彩を持つ人気の熱帯魚です。 飼育するには、水質や水温、照明などの条件に気を付ける必要がありますが、餌やりも重要なポイントです。 ネオンテトラは、上層から中層が生活圏の熱帯魚なので、餌は水面に […]

コメントなし

弘前城天守

弘前城天守は、 国の重要文化財に指定されています。また城跡は国の史跡に指定されています。 弘前城は、1590年に津軽地方を統一した大浦為信が築城を開始し、1611年に2代目藩主信枚が完成させました。 当時は5層の天守があ […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    ごはんと味噌汁

    次の記事

    カレーと中華そば