京都市は、延暦13年(794年)に日本の首都になった平安京を基礎とする都市で、明治天皇が東京に行幸するまでの約1080年に渡って皇室および公家が集住したため「千年の都」と呼ばれています。

金閣寺は、京都市北区金閣寺町にある臨済宗相国寺派の寺院で、正式名称は鹿苑寺(ろくおんじ)です。室町幕府第3代将軍足利義満によって造営された山荘を母体にしています。金閣寺は、1994年に世界遺産に登録された京都を代表する観光スポットの一つです。金閣寺は、金箔で覆われた3層の塔で、日本の美意識を象徴する建築物として有名です。

金閣寺



平安神宮は、京都市左京区にある神社で、旧社格は官幣大社、勅祭社です。

平安神宮



1895年(明治28年)4月1日に平安遷都1100年を記念して京都で開催された内国勧業博覧会の目玉として平安京遷都当時の大内裏の一部復元が計画され、平安神宮が創建されました。

平安神宮

平安神宮は、平安時代の文化を伝える神社として、多くの観光客に愛されています。

平安神宮

平安神宮



天龍寺は、京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町にある臨済宗天龍寺派の大本山の寺院で、山号は霊亀山(れいぎざん)です。

天龍寺

平安時代初期の承和年間(834年~848年)に第52代・嵯峨天皇の后・檀林皇后(だんりんこうごう)が創建した日本最初の禅寺・壇林寺(だんりんじ)があった場所にあります。天龍寺は、世界遺産にも認定されており、巨大な雲龍図や曹源池庭園などが見どころです。

天龍寺



嵯峨(さが)は、京都府京都市右京区の地名で、京都盆地北西部、保津川北岸の地域で、上嵯峨・下嵯峨に分けられます。

嵯峨

嵯峨は、平安時代から狩猟地に利用され、嵯峨天皇の離宮が営まれてのち、貴族の別荘地となりました。名勝・旧跡に富み、天龍寺、清凉寺、大覚寺などがあります。嵯峨野は、嵯峨の観光地として有名で、嵐山から小倉山に沿った社寺の立ち並ぶ地域を指します。

嵯峨

京都府の桂川は、淀川水系の一級水系で、丹波高原を源とし、亀岡盆地を南下し保津峡、嵐山を経て京都盆地を流れます。

桂川



清水寺は、京都市東山区清水にある北法相宗の大本山の寺院で、山号は音羽山です。清水寺には、江戸時代初期建築の国宝建造物があります。寝殿造風の建物を中心とし、前方左右に翼廊を出し、その間は板張りの舞台となっています。

清水寺

舞台は、約12メートルの長い樹齢400年以上の欅の大木の束柱を貫で組み合わせて支えられ、断崖上に建てられているため、見事な眺めが楽しめます。清水寺の御本尊は、「十一面千手観世音菩薩」で、秘仏ながらも、親しみを込めて「清水の観音さん」と呼ばれています。清水寺は、四季折々の伽藍の風景が美しく、観音堂からは、京都市内を一望できます。

清水寺



京都タワーは、地上131mの京都のランドマークで、京都の夜景や市街地を360度見渡せる展望室があります。

京都タワー

京都タワーには、お腹と心を満たしてくれるレストラン、こだわりのお土産を集めたマーケット、心休まるホテル、ゆったりと旅の疲れを癒す大浴場などがあります。

京都タワー

京都駅は、京都府京都市下京区にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・東海旅客鉄道(JR東海)・近畿日本鉄道(近鉄)・京都市交通局(京都市営地下鉄)の駅です。京都駅には、多数の飲食店やショップがあり、観光客にも人気があります。また、駅周辺には、伏見稲荷大社や清水寺などの観光スポットがあります。

京都駅







津軽の食彩

津軽の食彩は、サラーリマンの昼食、ランチなどを紹介します。今日はどこにしようかなあ-。 ラーメン、そば、和食、中華、洋食、最後はデザート。良くいくお店。知られざるお店、新しく開店したお店など。 和食、とんかつ、天ぷら、寿 […]

環境水族館アクアマリンふくしま

福島県いわき市小名浜字辰巳町50、環境水族館アクアマリンふくしま。

ユイットデュボワ 八幡崎店

青森県平川市八幡崎松枝42-1、ユイットデュボワ 八幡崎店。定休日は金曜日です。 りんご果実入りナポリタン、ユイットデュボワ 特製ジンジャエール、ユイットデュボワ シフォンケーキ、ユイットデュボワ

パティスリーヴェルジェ

青森県弘前市百石町18、パティスリーヴェルジェ。定休日は月曜日(祝日の場合は翌日)

工藤甲吉 川柳碑

青森県平川市猿賀字石林175、猿賀公園。 工藤甲吉 川柳碑「人生は よいしょこらしょに どっこいしょ」 工藤甲吉は、明治から昭和にかけて活躍した川柳作家で、「人生はよいしょこらしょにどっこいしょ」という名句を残しました […]



ラーメン、中華そば巡り!

青森県弘前市、津軽一円を巡ります!

まだまだ行ったことのない、お店があります。

己達せんと欲して 人を達せしむ

自分が目的を達成しよう思うときは、まず人を助けてその人の目的を遂げさせてやる。 仁者は事を行うのに自他の区別をしないということ。

コメントなし