大町桂月(おおまち けいげつ)、高知県出身で、近代日本の詩人、歌人、随筆家、評論家。弘前市百沢岩木高原「やすらぎの駐車帯」、碑文は、暖かき日影を負ひて山草の錦をわくる秋の山かな

大町桂月文学碑

大町桂月文学碑


弘前さくらまつり

青森県弘前市、弘前さくらまつり。毎年弘前公園にて、4月中頃から5月初めまで、開催されます。

弘前さくらまつりの歴史、変遷その1

1715年(正徳5年) - 弘前藩士が25本のカスミザクラなどを京都から取り寄せ、園内に植栽。

1882年(明治15年) - 旧藩士である菊池楯衛が、ソメイヨシノ1,000本を植栽。

1897年(明治30年) - 再び1,000本を植栽。その後も市民の寄付などで植栽される。

1916年(大正5年) - 夜桜の見物が大盛況であった。