岩木山は標高1625mの円錐形の成層火山で、山頂は三つの峰にわかれており、弘前側からみた右が巌鬼山(岩鬼山)、左が鳥海山とされています。

冬の岩木山

火山活動史

70万年前 – 山体崩壊。
30万年前から20万年前 – 噴火と山体崩壊(岩屑なだれ)を繰り返し山体を形成。
20万年前から1万年前 – 山麓に側火山を形成。
約5万年前から – 西法寺森溶岩ドーム、岩木山頂西と鳥海山ドーム、山頂ドームと中央ドームを形成]。
約6000年前 – マグマ噴火(岩木山頂西と鳥海山ドーム)。
約3000年前 – マグマ噴火。
約2000年前 – マグマ噴火。鳥ノ海溶岩ドームを形成。
1600年(慶長5年)2月22日 – 鳥の海火口で水蒸気噴火。
1618年(元和4年)1月31日 – 水蒸気噴火。
1782年(天明2年)11月-1783年(天明3年)6月 – 水蒸気噴火。天明の大飢饉の遠因のひとつ。
1845年(弘化2)4月4日 – 噴煙、硫黄噴出。
1863年(文久3)3月23日 – 小規模な水蒸気噴火。

ラーメン、中華そば巡り!

ラーメン、中華そば巡り!青森県弘前市、津軽一円を巡ります!