ツバキ、園

ツバキは、ツツジ目に属し、ツバキ科に分類されます。

この科には、ツバキ、サザンカ、チャ(茶の木)、ナツツバキなどが含まれています。

ツバキ科の植物は、主に東・東南アジアに分布しています。

ツバキの花言葉は「控えめな素晴らしさ」「気取らない優美さ」です。

ツバキ、園

ツバキは、日本の伝統的な花で、美しい花を咲かせる植物です。

ツバキは冬から春にかけて花を咲かせ、その花は一重または八重の形をしています。

日本の庭園や神社などでよく見られます。

ツバキ、園



津軽弁、もじわらきへる

もじわらきへるとは、「おだてる」「ほめる」という意味の津軽弁です。 もじわらきへるという言葉は、相手の気を引くためにほめたり、おだてたりすることを表します。 「あの人はもじわらきへんねばならんから、面倒だよ」というように […]

コメントなし



ヤマボウシ、道端の

ヤマボウシは、5月~6月に白い花を咲かせる落葉高木です。 白い花のように見える部分は総苞(そうほう)と呼ばれる部分で、ハナミズキ同様、葉が変化したものです。 ヤマボウシの名前は漢字で書くと山法師。 中心に球状に集まって咲 […]

コメントなし

サクラの切り花

サクラは、バラ科の落葉広葉樹の総称で、白色や紅色の美しい花を咲かせます。 サクラの花は古くから文化や歴史に深く関わっており、花見などの風習があります。 サクラの花言葉は「精神の美」「優美な女性」などです。

コメントなし

ホオズキ

ホオズキは、ナス科ホオズキ属の一年草または多年草で、淡い黄色の花を咲かせた後に赤くふくらんだ萼(がく)で果実を包みます。 ホオズキの花言葉は、「偽り」「ごまかし」です。

コメントなし

ナガバユキノシタ、庭

ナガバユキノシタは、ヒマラヤユキノシタ属の常緑多年草です。 ナガバユキノシタの花言葉は、深い愛情です。 この花言葉は、ユキノシタの葉のしぼり汁が子どもに多い中耳炎やひきつけなどにも効果があるとされ、民間薬として用いられた […]

コメントなし

パンジー、庭

パンジーはスミレ科スミレ属の一年草で、ヨーロッパ原産の花です。 色や形が豊富で、冬から春にかけて咲きます。 パンジーの花言葉は、もの思い、私を思ってという意味があります。これは、パンジーの花が人の顔に似ており、思索にふけ […]

コメントなし


津軽地方には古くから、生まれ年の干支を一代様とする信仰があります。

たとえば、

十二支1番目の子年の多賀神社 守り本尊:千手観音菩薩様 呼称:目屋の清水観音様 場所:弘前市桜庭清水流104

自分の十二支を捜してみよう!

茅の輪くぐり

茅の輪くぐりは、夏越の祓(なごしのはらえ)という行事の一部で、茅(ちがや)という草で編んだ輪をくぐることで、心身を清めて災厄を祓い、無病息災を祈願するというものです。 茅の輪くぐりの由来は、日本神話にあります。スサノオノ […]

コメントなし

与力番所 、弘前公園

与力番所は、江戸時代に城内の主要な箇所の見張り所として配置されたもので、藩政時代には12ヵ所に建てられています 。 建築年代は不明ですが、江戸時代中期に一度改修したものと推定されます。 廃藩以降取り壊されることもなく、そ […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    もりそば、彦庵

    次の記事

    忠霊塔