ホザキシモツケ

ホザキシモツケは、東日本の湿地に自生しているバラ科シモツケ属の落葉低木です。

ホザキシモツケの「穂咲き」という名前は、花が穂状に咲くことに由来しています。

ホザキシモツケの花は淡紅色で、5枚の花びらと淡紅色の雄蕊があります。

円錐花序が密集して8~15cmの長い花穂となります。

ホザキシモツケの花言葉は、「活発」「儚さ」です。

ホザキシモツケ







カンパニュラ・グロメラータ

カンパニュラ・グロメラータは、キキョウ科の多年草で、ヨーロッパやアジア、日本に分布しています。 日本では熊本県八代市に自生しており、ヤツシロソウとも呼ばれます。 花は鐘形で、紫色や青色、白色などがあります。 花言葉は「誠 […]

コメントなし

メタセコイヤ

メタセコイアは、中国原産の落葉高木で、和名はアケボノスギとも呼ばれます。 葉は秋に紅葉して枝とともに落ちます。 メタセコイアは化石植物として発見された後、生きているものが中国で見つかりました。 そのため、生きている化石と […]

コメントなし

チューリップ

チューリップは、ユリ科チューリップ属の球根植物で、春に色とりどりの花を咲かせます。 チューリップの花言葉は、色によって異なりますが、一般的には「思いやり」とされています。 チューリップの原産地は、中央アジアから北アフリカ […]

コメントなし

シュウメイギク(秋明菊)、庭

シュウメイギク(秋明菊)は、キンポウゲ科の多年草で、白やピンクの花を咲かせます。 日本では里山や野原に自生していますが、原産地は中国です。 シュウメイギクの花言葉は「淡い思い」「薄れゆく愛」などです。

コメントなし

ソメイヨシノ、紅葉

ソメイヨシノの紅葉は、部分的に黄色が交じることもあり、様々な色味の葉を見せてくれます。 ソメイヨシノは、明治の中頃からサクラの中で圧倒的に多く植えられた品種です。 染井村(現在の東京都豊島区駒込)の植木職人が作り出したも […]

コメントなし


岩木山のふもとにある神社で、創建約1,200余年の歴史を持っています。

岩木山神社(いわきやまじんじゃ)、入り口から参道、楼門、拝殿、本殿。

そして奥の院は岩木山山頂にあります。

津軽富士とも呼ばれる美しい岩木山のふもとにある神社で、創建約1,200余年の歴史を持っています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    アマチャ