アベリア

アベリアは、スイカズラ科のツクバネウツギ属に属する植物の総称です。

アベリアは、小さな白やピンクの花を長い期間咲かせる常緑または落葉の低木で、耐寒性や強健性が高く、育てやすい植物です。

葉には光沢があり、斑入りや紅葉するものもあります。

花にはほんのりと香りがあります。

花後に残る萼片も魅力的なフォルムをしています。

アベリアの花言葉は「強運」「謙虚」「謙譲」です。

アベリア



アベリア






薔薇(バラ)

バラ(薔薇)は、バラ科バラ属の総称です。 灌木、低木、または木本性のつる植物で、葉や茎に棘を持つものが多い。 一般的に、バラの花言葉は「愛」「美」とされています。 赤いバラの花言葉は、「あなたを愛しています」「情熱」「熱 […]

コメントなし

ホオズキ

ホオズキは、ナス科ホオズキ属の一年草または多年草で、淡い黄色の花を咲かせた後に赤くふくらんだ萼(がく)で果実を包みます。 ホオズキの花言葉は、「偽り」「ごまかし」です。

コメントなし

ヒマワリ、庭

ヒマワリはキク科の一年草で、原産地は北アメリカです。 黄色い大きな花を咲かせるのが特徴で、種は食用や油糧として利用されます。 花言葉は「憧れ」「あなただけを見つめている」「愛慕」「熱愛」などがあります。

コメントなし

サツキ(皐月)

いただきものの、サツキ(皐月)。ツツジは4月に開花し、サツキは遅れて5月に開花します。 5月に咲くのでサツキ(皐月)。花言葉は、節制です。 花言葉の由来は、サツキが山奥の岩肌などの厳しい環境を好むことからともいわれてます […]

コメントなし

コモチレンゲ

コモチレンゲは、バラの花が連なったような葉が特徴の植物で、別名を「礼文岩蓮華(レブンイワレンゲ)」と言います。 秋口には塔のように花穂が伸びて白い花を咲かせます。 原産地は北海道で、主に関東より東側に自生する「イワレンゲ […]

コメントなし


花が咲くまで7年前後の期間が必要とされています。

カタクリ(片栗)は、ユリ科カタクリ属に属する多年草。

カタクリの花には、「初恋」「寂しさに耐える」という2つの花言葉があります。

カタクリの花は、種が根付いてから、花が咲くまで7年前後の期間が必要とされています。

また、多年草ではあるものの、花を咲かせられるのは7回程度とも言われています。

過ちて改めざるをこれ過ちという

論語、過ちて改めざるこれを過ちというとは、失敗そのものではなく、失敗をしたと気づいているにもかかわらず改めようとしないことこそが本当の過ちであるということです。 人間は誰しも完璧ではないため、間違いを犯すことはあります。 […]

丑寅櫓(うしとらやぐら)、弘前公園

青森県弘前市、二の丸丑寅櫓(にのまるうしとらやぐら)は、弘前公園にある弘前城の櫓(やぐら)の一つです。 櫓とは、城郭に取りつく敵への攻撃や物見のために造られた塔のような建物です。 二の丸丑寅櫓は、二の丸の北東を守るために […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    次の記事

    オオトリトマ