オオキンケイギク

オオキンケイギクは、北アメリカ原産のキク科の多年草で、黄色い花を咲かせる植物です。

花びらの先端は不規則に4~5つに分かれています。

葉は細長い楕円形で両面に毛があります。

オオキンケイギクは、1880年代に観賞用や緑化用として日本に導入されました。

しかし、繁殖力が強く、在来の草本植物と競合する恐れがあります。

そのため、2006年に特定外来生物に指定され、栽培や移植などが禁止されました。

オオキンケイギクの花言葉は、「いつも明るく」「きらびやか」です。

オオキンケイギク



かすみ草



津軽弁、たづ

たづとは、鱈の白子という意味の津軽弁です。 今日は、たづの味噌汁です。 今日は、鱈の白子の味噌汁です。

コメントなし

アジサイ

アジサイの花は、日本原産の落葉低木で、梅雨の季節に色とりどりに咲きます。  アジサイの花は、実は装飾花と呼ばれる萼が発達したもので、真ん中にある小さな花が真花です。 花の色は、土壌の酸度によって変化します。 アジサイの花 […]

コメントなし

ケイトウ

ケイトウは、ヒユ科の一年生植物で、炎のような鮮やかな花色が特徴です。 花の形は品種によってさまざまで、トサカ状、羽毛状、球状などがあります。 ケイトウはアジアやアフリカの熱帯地方が原産で、日本には奈良時代に渡来しました。 […]

コメントなし

ゼラニウム

ゼラニウムは、南アフリカ原産で、フウロソウ科ペラルゴニウム属の非耐寒性常緑多年草です。 花色は代表的な赤の他、ピンクや白、橙、青紫などがあります。 四季咲きで丈夫、虫が嫌う臭いを発し、手入れが簡単で長く咲き続けるので、ホ […]

コメントなし

菜の花

菜の花はアブラナ科アブラナ属の花の総称で、食用や観賞用に栽培されています。 鮮やかな黄色の花をたくさん咲かせ、春の訪れを告げる花として知られています。 黄色の菜の花の花言葉は「快活」「明るさ」です。 これは、春の香りを運 […]

コメントなし

アベリア

アベリアは、スイカズラ科のツクバネウツギ属に属する植物の総称です。 アベリアは、小さな白やピンクの花を長い期間咲かせる常緑または落葉の低木で、耐寒性や強健性が高く、育てやすい植物です。 葉には光沢があり、斑入りや紅葉する […]

コメントなし


花が咲くまで7年前後の期間が必要とされています。

カタクリ(片栗)は、ユリ科カタクリ属に属する多年草。

カタクリの花には、「初恋」「寂しさに耐える」という2つの花言葉があります。

カタクリの花は、種が根付いてから、花が咲くまで7年前後の期間が必要とされています。

また、多年草ではあるものの、花を咲かせられるのは7回程度とも言われています。

糟糠の妻(そうこうのつま)

糟糠の妻(そうこうのつま)は、貧しい時から一緒に苦労を重ねてきた妻のことを言います。 糟糠とは酒かすと米ぬかのことで、粗末な食事の形容です。 この言葉は、中国の後漢の光武帝が姉を大臣の宋弘に嫁がせようとしたが、宋弘が「貧 […]

コメントなし

東内門外橋(石橋)、弘前公園

東内門外橋(石橋)は、弘前公園の中にある石造りの橋で、二の丸と三の丸を隔てる中濠に架かっています。 1848年(弘化5年)に土橋から架け替えられたもので、城内では唯一の石造りの橋です。 橋を渡るとすぐに東内門があり、その […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です