ブッソウゲ

ブッソウゲはアオイ科フヨウ属の常緑低木で、熱帯や亜熱帯に広く分布しています。

花色は赤や白、ピンク、オレンジ、黄色など多彩で、大きくて美しい花を咲かせます。

花の形もラッパ状や杯状などさまざまで、半八重咲きや八重咲きもあります。

ブッソウゲはハイビスカスとも呼ばれています。

花言葉は、私はあなたを信じます、です。

ブッソウゲ







キク(菊)

キク(菊)は、キク科キク属の植物で、秋に美しい花を咲かせます。 菊は中国から日本に伝わり、古典菊や洋菊など多くの品種が作られました。 これは食用の菊です。 キク(菊)の花言葉は、「高貴」「高潔」「高尚」です。

コメントなし

ロトウザクラ(魯桃桜)

弘前城公園内ピクニック広場に咲く、ロトウザクラ(魯桃桜)。 ロトウザクラ(魯桃桜)は、 日露戦争 の凱旋記念として シベリア から持ち帰り、 長野県佐久市の桜井尋常高等小学校に植えられていたもので、1921年(大正10年 […]

コメントなし

スイカズラ(吸い葛)

スイカズラは、スイカズラ科スイカズラ属の常緑または半常緑のつる性木本です。 日本から東アジア一帯に分布し、初夏に白い花を咲かせます。 花の筒の奥に甘い蜜があり、子どもたちが吸って楽しんだことから「吸い葛」という名前がつき […]

コメントなし

ハンカチツリー

ハンカチツリーは、ミズキ科ハンカチノキ属の落葉高木で、中国南西部に自生しています。 白いハンカチのように見える部分は、花びらではなく葉が変形したもので、苞葉(ほうよう)と呼ばれます。 本当の花は苞葉の中心にあります。 ハ […]

コメントなし

水芭蕉

水芭蕉(ミズバショウ)は、サトイモ科ミズバショウ属の多年草で、湿地に自生する春の花です。 白い部分は花ではなく、葉が変形した仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれるもので、中心の円柱状の部分が小さな花が集まった花序です。 水芭蕉 […]

コメントなし


日本一長い木の橋として架けられました。全長300メートル、三連太鼓橋です。

鶴の舞橋は平成6年7月8日、廻堰大溜池(津軽富士見湖)に、日本一長い木の橋として架けられました。

全長300メートル、三連太鼓橋です。途中には、大小のステージがあります。

弘前城天守

弘前城天守は、 国の重要文化財に指定されています。また城跡は国の史跡に指定されています。 弘前城は、1590年に津軽地方を統一した大浦為信が築城を開始し、1611年に2代目藩主信枚が完成させました。 当時は5層の天守があ […]

コメントなし

過ぎたるは猶お及ばざるが如し

適当な程度を超えているのは、不足と同じ。中庸が大切であるたとえです。 「過ぎたるは猶お及ばざるが如し」ということわざをあります。これは、適度なことが一番良いという意味です。

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    サルビア

    次の記事

    コボウズオトギリ、庭