マルメロ、猿賀公園

マルメロはバラ科マルメロ属の落葉高木で、中央アジアが原産です。

マルメロは、江戸時代にポルトガルから伝わりました。

花言葉は、幸福、魅惑です。

マルメロ



マルメロはカリンに似ていますが、別属の果物で、皮が硬くて酸味が強いので生食はできません。

ジャムや果実酒などに加工して食べるとおいしいです。

マルメロには食物繊維やカリウムなどの栄養が豊富に含まれています。

津軽弁、めやしあげ

めやしあげとは、「たれ込む」「悪い噂を流す」「上司に言いつける」「告げ口をする」「欠点を暴く」という意味の津軽弁です。 この言葉は、「目安箱に訴状(目安状)を入れることを目安上げると言った」という文から派生したものとされ […]

コメントなし

下田実花句碑は、平川市の猿賀公園内にある句碑です。

下田実花は、俳人の山口誓子の妹で、ねぷた祭りに感動して「見得きりて廻りまわれるねぷたかな」という句を詠みました。

平成元年(1989年)に下田実花句碑が建立されました。

マルメロの木は、その近くにあります。




キク(菊)

キク(菊)は、キク科キク属の植物で、秋に美しい花を咲かせます。 菊は中国から日本に伝わり、古典菊や洋菊など多くの品種が作られました。 これは食用の菊です。 キク(菊)の花言葉は、「高貴」「高潔」「高尚」です。

コメントなし

ノウゼンカズラ(凌霄花)

ノウゼンカズラ(凌霄花)は、ノウゼンカズラ科の落葉性のつる性木本で、夏から秋にかけて橙色や赤色の大きな美しい花を咲かせます。 中国原産で、平安時代に日本に渡来したと考えられます。 ノウゼンカズラは樹勢が強く丈夫な花木で、 […]

コメントなし

コチョウラン(胡蝶蘭)

コチョウラン(胡蝶蘭)は、東南アジア原産のラン科の植物で、白やピンクなどの美しい花を咲かせます。 コチョウランという名前は、花が胡蝶のように見えることからつけられました。 コチョウランは洋ランとして人気が高く、ギフトや室 […]

コメントなし

スモークツリー

スモークツリーは、初夏にふわふわとした花茎を伸ばして、木が煙っているように見える落葉樹です。 英名は「smoke tree」、和名は「煙の木」です。 南ヨーロッパからヒマラヤ、中国と広い範囲に分布し、樹高は3~5mほどに […]

コメントなし

ロウバイ(蝋梅)

ロウバイ(蝋梅)は、クスノキ目ロウバイ科ロウバイ属に属する中国原産の落葉樹です。 和名の「ロウバイ」の語源は、漢名の「蠟梅」の音読みとされ、由来について一説には、陰暦の12月にあたる朧月(ろうげつ)にウメの香りの花を咲か […]

コメントなし


岩木山のふもとにある神社で、創建約1,200余年の歴史を持っています。

岩木山神社(いわきやまじんじゃ)、入り口から参道、楼門、拝殿、本殿。

そして奥の院は岩木山山頂にあります。

津軽富士とも呼ばれる美しい岩木山のふもとにある神社で、創建約1,200余年の歴史を持っています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    次の記事

    ヤブデマリ