もりそば、そば処岩

青森県弘前市東長町13-4、 そば処岩。営業は、毎週月、火、水曜日の3日間のみ。

もりそば、そば処岩

もりそば、そば処岩

もりそばととろろ飯

とろろ飯、そば処岩




津軽弁、まぐね

まぐねとは、まずいという津軽弁です。 家で出される食事をまぐねと言うべきではありません。 あなたはとても辛い目にあうでしょう。




かしわざる

青森県弘前市大字稔町10-1、めん房 たけや。定休日は木曜日。かしわそばとかしわざる。 冷たいそばを温かいつけ汁でいただきました。

コメントなし

かけ蕎麦と麦とろ丼

青森県青森市浪岡大釈迦沢田50-1、 峠の茶屋

コメントなし

カツ鍋焼きうどん

青森県弘前市大字稔町10-1、めん房 たけや。定休日は木曜日。 鍋焼きうどんにとんかつがはいっています。この組み合わせだけで満足。 ボリュームあります。ワンコインプレミアムです。

コメントなし

マーボ豆腐丼のランチ、三忠塩分町分店

青森県弘前市塩分町1-2、三忠 塩分町分店 。 マーボ豆腐丼と野菜天ぷらそば、ランチメニュー。 マーボ豆腐丼 野菜天ぷらそば

コメントなし

もりそばと親子そば

青森県弘前市富田3-2-17、一力。もりそばと親子そば。

コメントなし


弘前さくらまつりの歴史、変遷

青森県弘前市、弘前さくらまつり。毎年弘前公園にて、4月中頃から5月初めまで、開催されます。

弘前さくらまつりの歴史、変遷その1

1715年(正徳5年) - 弘前藩士が25本のカスミザクラなどを京都から取り寄せ、園内に植栽。

1882年(明治15年) - 旧藩士である菊池楯衛が、ソメイヨシノ1,000本を植栽。

1897年(明治30年) - 再び1,000本を植栽。その後も市民の寄付などで植栽される。

親の七光りとは

親の七光りとは、親の持つ地位や権力が子供に恩恵を与えることを意味する言葉です。 元々は「親の光は七光り」ということわざでしたが、現在では「親の七光り」や「七光り」と略されることが多いです。 「七光り」には、親の威光がさま […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    ツツジ

    次の記事

    アオキ