イワヤツデ

イワヤツデというのは、タンチョウソウという山野草の別名です。

イワヤツデの花言葉は、愛嬌、謙虚な心、気高さです。

由来は、小さくて可憐な花の姿や、岩場で丈夫に育つ姿からだと思われます。

イワヤツデ



春に白い小花を咲かせる可憐な植物で、葉はヤツデやモミジに似ています。

岩場に自生する丈夫な植物です。

津軽弁、たづ

たづとは、鱈の白子という意味の津軽弁です。 今日は、たづの味噌汁です。 今日は、鱈の白子の味噌汁です。

コメントなし



ぺチュニア

ぺチュニアは、南米原産のナス科ペチュニア属です。 ペチュニアの別名は、衝羽根朝顔(つくばねあさがお)です。 ペチュニアの花言葉は、「あなたと一緒なら心がやわらぐ」「心のやすらぎ」です。 園芸植物として花が観賞されることが […]

コメントなし

コデマリ

コデマリは、バラ科シモツケ属の落葉低木で、中国南東部が原産地です。 春になると、白い小さな花がたくさん集まって手毬のような花序を作り、枝いっぱいに咲きます。 コデマリの花言葉は、「優雅」「上品」「友情」「努力」などです。 […]

コメントなし

ハクモクレン、庭

ハクモクレンは、中国産のモクレン科モクレン属の落葉樹です。 春先に葉が展開する前に、白色の大きな花を上向きに咲かせます。 ハクモクレンの花言葉は、「気高さ」「崇高」です。 ハクモクレンの蕾です。 いつ開花するのだろう? […]

コメントなし

十月桜(ジュウガツザクラ)

ジュウガツザクラ(十月桜)は、バラ目バラ科サクラ属のサクラ。 エドヒガン系の中のコヒガン系の栽培品種で、マメザクラとエドヒガンが交雑した種間雑種で 、春と秋から冬にかけての二度開花する二季咲きが最大の特徴です。 十月桜は […]

コメントなし

サトザクラ(里桜)

サトザクラ(里桜)は、広義ではバラ科サクラ属のサクラの栽培品種の総称です。 狭義ではオオシマザクラを基に誕生した栽培品種の品種群のことです。 サトザクラは人が住んでいる場所に植えられていることから、その名がつきました。

コメントなし


回る、回る、回る・・・・。

回転鮨には良く行きます。

でも、ひとりではなかなか行けません。

そんな時はこのスライドショーで・・・・・。

でも、お腹は一杯になりません。

逆にお腹が空くかも・・・・・。

サルコペニアとは

サルコペニアは、主に年齢による筋肉量の減少と筋力低下を指します。 身体機能が低下し、歩行や立ち上がりなどの日常動作に影響を及ぼすことがあります。 具体的な原因は、加齢、低活動、低栄養、疾患、薬剤の副作用などがあります。 […]

コメントなし

追手門、弘前公園

追手門とは、弘前公園の正面玄関とも言える城門です。 弘前城の三の丸にあり、二層の櫓門となっています。 全体的に簡素な素木造りで、戦国時代の古い形式を残すものとして珍しいものとされています。

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    かつ丼ときつねそば

    次の記事

    ブーランジェリーイシタ