福寿草(フクジュソウ)

福寿草(フクジュソウ)は、春を告げる花の代表です。元日草(がんじつそう)や朔日草(ついたちそう)の別名があります。

福寿草

典型的なスプリング・エフェメラルです。スプリング・エフェメラルとは、春先に花をつけ、夏まで葉をつけると、あとは地下で過ごす一連の草花の総称。春植物(はるしょくぶつ)ともいう。

福寿草

福寿草という和名は、新春を祝う意味があります。

福寿草

花言葉は永久の幸福、思い出、幸福を招く、祝福。

福寿草

暗門滝(あんもんのたき)

青森県中津軽郡西目屋村、暗門滝(あんもんのたき)は、岩木川上流の白神山地内の暗門川にあります。

3つの滝から構成されています。
上流側から高さ42メートルの第一の滝

その200メートル下流に同37メートルの第二の滝

さらに160メートル下流に同26メートルの第三の滝があります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    前の記事

    大衆中華食堂 琥蘭

    次の記事

    鯛茶漬け、料理とお酒まさ