弘前市りんご公園

青森県弘前市大字清水富田字寺沢125、弘前市りんご公園。りんごもぎとり収穫体験など。

弘前市りんご公園は、約9.7ヘクタールの敷地に、80種類、約2,300本のりんごの木が植えられており、8月上旬から11月上旬まで、りんご狩り(有料)を楽しむことができます。

弘前市りんご公園、ふじ



園内には、りんごに関する商品や軽食が販売される「りんごの家」や、シードルを醸造する工房「kimori」などの施設があります。

弘前市りんご公園、ふじ



ふじは、青森県藤崎町で育成されたリンゴの品種で、レッドデリシャスと国光の交配によって生まれました。

1939年に交配され、1962年に品種登録されたので、2020年には生誕80周年を迎えました。

ふじは、果肉がシャキシャキとして果汁が多く、甘酸っぱい味が特徴です。

糖度は14~16%で、賞味期限も長いです。

弘前市りんご公園、ふじ



市文化財の「旧小山内家住宅」や、岩木山を一望できる「すり鉢山展望台」などの見どころもあります。

弘前市りんご公園、ふじ

弘前市りんご公園では、季節によってさまざまなイベントが開催されており、春には弘前りんご花まつり、夏にはりんご公園サマーフェスティバル、冬にはウインターフェスティバルなどが楽しめます。

弘前市りんご公園、星の金貨



星の金貨は、青森県産業技術センターが育成したリンゴの品種で、正式な品種名は「あおり15」といいます。

ふじと青り3号というりんごを交配して生まれました。

星の金貨は、黄色い果皮と高い糖度が特徴で、皮が薄くて丸かじりできます。

弘前市りんご公園、星の金貨

弘前市りんご公園、千秋



千秋は、秋田県果樹試験場で育成されたリンゴの品種で、王林とふじというりんごを交配して生まれました。

1980年に品種登録され、秋田市千秋公園にちなんで命名されたと言われています。

千秋は、黄色い果皮と濃厚な味が特徴で、果汁が多く、甘みと酸味のバランスが良いりんごです。

収穫時期は10月上旬~中旬で、青森県が最大の生産地です。

弘前市りんご公園、千秋

弘前市りんご公園、千秋




津軽弁、さんとぐ

さんとぐは、津軽弁で財布のことです。 ワー、さんとぐ落としてしまった。 誰か拾ったらさんとぐ返してください。

コメントなし



かっちょ

五所川原市金木町藤枝地区。かっちょとは、高さ3、4mほどの板を縦に隙間なき並べたものです。強烈な地吹雪から家を守る雪囲いです。 五所川原市金木町藤枝地区で、地吹雪体験ツアーが開かれています。今日はまだ視界があるだけ良い方 […]

コメントなし

白鳥飛来

青森県黒石市馬場尻東周辺の水田、白鳥が飛来していました。

コメントなし

王林(おうりん)

弘前市大字清水富田字寺沢125、弘前りんご公園。青森県りんご、王林(おうりん) 青森県りんご、王林(おうりん)は、果肉が白くて甘くてジューシーです。 元りんご娘の王林(おうりん)さんの名前のりんごです。 なんと、花も咲い […]

コメントなし

道の駅いかりがせき

青森県平川市碇ヶ関碇石13-1、道の駅いかりがせき、津軽関の庄。 道の駅いかりがせき、津軽関の庄 高麗門は、桃山時代以降の城郭建築に現れた様式であり、一般には城郭外門として建てられている。 碇ヶ関の関所は、御本陣を控えた […]

コメントなし

玉子焼きとウインナー

家めしの定番の玉子焼きとウインナー。玉子焼きは,ほうれん草入りです。

コメントなし



青森県弘前市銅屋町、最勝院五重塔。

国の重要文化財指定の五重塔としては日本最北端に位置。

寛文7年(1667年)に完成した旧大円寺の塔で、総高31.2メートルである。

津軽藩3代藩主津軽信義、4代津軽信政の寄進により、前後10年以上をかけて建立されました。

怒る、叱るは意味がない

「怒る」とは、自分の感情を抑えられずに不満や不快なことを相手にぶつけることです。 自分のために感情を爆発させるだけで、相手に何かを伝えることはできません。 「叱る」とは、相手の非を正すために厳しく注意することです。 相手 […]

コメントなし

未申櫓 (ヒツジサルヤグラ)、弘前公園

未申櫓 (ヒツジサルヤグラ)、櫓の名前は、天守から見た方角を12支で示したもので、未申は南西に当たります。

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    次の記事

    龍飛埼(たっぴさき)