青森県弘前市大字常盤野字湯段萢、常盤野農村公園(ミズバショウ沼公園)。水芭蕉群生地として有名です。

水芭蕉の花言葉は、美しい思い出、変わらぬ美しさ」です。花言葉の「美しい思い出」は、ミズバショウの咲く尾瀬の情景を歌った名曲「夏の思い出」に由来すると言われています。

水芭蕉群生地



春雪解けとともに見ることができます。サトイモ科の多年草。中部地方以北の湿原に群生。

水芭蕉群生地

春の雪解けを待って、高さ約20センチの白い仏炎苞(ぶつえんほう)に包まれた穂を1本出す。

長楕円形の葉は長さ約80センチにもなります。

水芭蕉群生地

水芭蕉は、サトイモ科ミズバショウ属の多年草で、高原や山間部の湿地に自生する植物です。

白い部分は花ではなくて葉が変形した仏炎苞(ぶつえんほう)というもので、中心にある棒状の部分が小さな花が集まった花序です。

開花時期は低地では3月下旬~4月、高地では5月~7月です。

水芭蕉群生地



水芭蕉は寒さに強く暑さに弱いので、日本では中部地方以北から北海道までに分布しています。

水芭蕉の名前は、沖縄や奄美群島に生息するイトバショウ(糸芭蕉)の葉に似ていることから付けられました。

津軽弁、めやしあげ

めやしあげとは、「たれ込む」「悪い噂を流す」「上司に言いつける」「告げ口をする」「欠点を暴く」という意味の津軽弁です。 この言葉は、「目安箱に訴状(目安状)を入れることを目安上げると言った」という文から派生したものとされ […]

コメントなし



手打ちそば むらかみ

青森県北津軽郡板柳町大字板柳字岡本15-13、手打ちそば むらかみ。定休日は月曜(祝日の場合は営業、火曜休み)

奥入瀬渓流

青森県十和田市。奥入瀬渓流は、十和田湖子の口からはじまり、滝、岩、木々、途中様々な景観を見せてくれます。 三乱の流れ、石ヶ戸の瀬、阿修羅の流れ、雲井の滝、銚子大滝。 高さ7m、幅20mある奥入瀬渓流で一番大きい滝です。 […]

白鳥飛来地

青森県南津軽郡藤崎町、平川河川敷。

サルスベリ

サルスベリ(百日紅、猿滑、紫薇)は、ミソハギ科の落葉中高木。

そば処 鬼面庵

青森県青森市荒川南荒川山国有林酸湯沢50番地、酸ヶ湯温泉内そば処 鬼面庵。生姜味噌筍おでんは、生姜味噌だれと特産の根曲り竹を入れるのが特徴となって現在も名物となっています。



日本一長い木の橋として架けられました。全長300メートル、三連太鼓橋です。

鶴の舞橋は平成6年7月8日、廻堰大溜池(津軽富士見湖)に、日本一長い木の橋として架けられました。

全長300メートル、三連太鼓橋です。途中には、大小のステージがあります。

追手門、弘前公園

追手門とは、弘前公園の正面玄関とも言える城門です。 弘前城の三の丸にあり、二層の櫓門となっています。 全体的に簡素な素木造りで、戦国時代の古い形式を残すものとして珍しいものとされています。

コメントなし

彼岸とは

彼岸とは、春分の日・秋分の日を中日(ちゅうにち)として、前後3日間、それぞれ合計7日間のことです。 春分・秋分の日は国民の祝日です。 昼と夜の長さがほぼ同じ日です。 太陽が真東から上り、真西に沈みます。 2024年春の彼 […]

コメントなし