青森県つがる市木造、ベンセ湿原。平滝沼、大滝沼、ベンセ沼に囲まれた湿原。6月頃からニッコウキスゲの群落。7月にはノハナショウブの群落。 青森県つがる市、旧木造町ベンセ湿原。ニッコウキスゲの群生が見られます。

ベンセ湿原

ニッコウキスゲの正式な和名は禅庭花(ゼンテイカ)ですが、栃木県日光地方(戦場ヶ原や霧降高原)に多く自生していることから日光黄菅(ニッコウキスゲ)の別名が広く知られています。この花は日光地方の固有種ではなく、日本各地に分布しています。

ベンセ湿原

花言葉は「日々あらたに」です。ニッコウキスゲが朝方に開花し、夕方にはしぼんでしまう一日花であることにちなみます。

ベンセ湿原

ベンセ湿原

ベンセ湿原

ベンセ湿原

ベンセ湿原と岩木山

太宰治文学碑

青森県五所川原市金木町芦野(芦野公園内)太宰治文学碑。碑文は「選ばれてあることの恍惚と不安と二つわれにあり」