青森県つがる市(旧木造町、旧森田村、旧柏村、旧稲垣村、旧車力村と合併)。旧木造町は、米を主産業とする農業の町で、日本海を背にする屏風山地帯は、豊かな自然に恵まれた津軽国定公園に指定された景勝地が多い。

しゃこちゃん、JR木造駅

JR五能線の木造駅。この土偶のオブジェは、地元の「亀ヶ岡遺跡」から出土した縄文時代の「遮光器土偶」をかたどったものです。 1987年、木造駅が無人化されることになり、1988年に国の政策として行われた「ふるさと創生事業」の交付金1億円を活用して、旧木造町(つがる市)が駅を改築しました。完成は1992年、工事費は約2億1200万円。
重要文化財の遮光器土偶、青森県つがる市木造亀ヶ岡出土。縄文時代(晩期)・紀元前1000~紀元前400年くらい。土偶は、縄文時代の祈りの道具の代表です。土偶の多くは妊娠した女性を表わした例が多く、子孫繁栄や豊饒を祈るために作られたと考えられています。

ベンセ湿原

ベンセ湿原

岩木山

岩木山(いわきさん)は青森県弘前市および西津軽郡鰺ヶ沢町に位置する火山です。標高は1,625 mで、青森県の最高峰である。津軽富士とも呼ばれています。弘前側からみた右が巌鬼山(岩鬼山)、左が鳥海山です。