ナガバユキノシタ、庭

ナガバユキノシタは、ヒマラヤユキノシタ属の常緑多年草です。

ナガバユキノシタの花言葉は、深い愛情です。

この花言葉は、ユキノシタの葉のしぼり汁が子どもに多い中耳炎やひきつけなどにも効果があるとされ、民間薬として用いられたことにちなむともいわれます。

雪の下でも枯れずに緑の葉を茂らせることから、切実な愛情や博愛などの花言葉もあります。

ナガバユキノシタ、庭



中央アジアや東アジアが原産です。冬から春にかけて鮮やかな桃色の花を咲かせます。

葉は厚く光沢があり、軍配のような形をしています。

株分けや根伏せで増やすことができます。

津軽弁、のれそれ

のれそれとは「全力で」「目いっぱい」「一生懸命に頑張る」という意味の津軽弁です。 のれに、それもついているので相当な全力です。 あなたはのれそれけっぱっていますか?




ヒマワリモドキ

ヒマワリモドキは、キク科の多年草で、北アメリカに自生する植物です。 太陽の花つまりヒマワリによく似たという意味です。 草丈は1mくらいで、7月から9月頃に直径7cmくらいの黄色い花を咲かせます。 花言葉は「憧れ」「崇拝」 […]

コメントなし

カタクリ、山

カタクリは、ユリ科カタクリ属の多年草で、春先に紫色や白色の花を咲かせます。 カタクリの花言葉は、「初恋」「寂しさに耐える」「消極的」「嫉妬」です。 花は日差しによって開閉する運動をします。 地下には鱗茎があり、デンプンを […]

コメントなし

クロッカス、庭

クロッカスは、アヤメ科クロッカス属の総称で、秋に植えると早春に紫や白、黄色の花を咲かせます。 クロッカスの花言葉は、青春、希望、幸福、愛情、純潔などがあります。 クロッカスは球根植物で、球根は直径4cmほどの小さなもので […]

コメントなし

カラナデシコ

カラナデシコは、キク科ナデシコ属の多年草で、中国が原産地です。 別名セキチク(石竹)とも呼ばれます。 平安時代にはすでに日本に渡来していたと考えられています。 花言葉は「愛情の深さ」「優美な心」「清らかな愛」などです。 […]

コメントなし

アサガオ

アサガオはヒルガオ科サツマイモ属の一年性植物で、熱帯から亜熱帯地域が原産地です。 日本には奈良時代に中国から渡来し、薬用植物として使われました。 江戸時代には観賞用として品種改良が進み、大輪アサガオや変化咲きアサガオなど […]

コメントなし


青森県五所川原市金木町芦野(芦野公園内)太宰治文学碑。

碑文は「選ばれてあることの恍惚と不安と二つわれにあり」

太宰治の葉という小説の冒頭にあります。

ディスるとは

対立者をディスるというのは、相手を侮辱したり批判したりすることです。 この言葉は、英語の「disrespect」(軽蔑する)を略したもので、ヒップホップのラップで相手をけなす行為から広まりました。 対立者をディスる人には […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    カタクリ、山

    次の記事

    オオヤマザクラと岩木山