ラッパスイセン

ラッパスイセンは、ヒガンバナ科スイセン属の多年草です。

ラッパスイセンの花言葉は、悲しみの終わりです。

ラッパスイセン




ラッパスイセンは、地中海原産のヒガンバナ科の植物で、別名 ラッパズイセン とも呼ばれます。

この花は西ヨーロッパに主に分布しており、ウェールズの国花でもあります。

最大の特徴は、中央部分の副花冠がラッパのような形をしていることです。

古くから親しまれている独特な形状の花で、日本でも野生化していることが確認されています。

ラッパスイセン









スターチス

スターチスは、イソマツ科リモニウム属に属する植物の総称で、一年草、多年草、半低木に分けられます。 別名、花浜匙(ハナハマサジ)の和名があります。 スターチスはドライフラワーとしても人気があり、その美しい色合いを長期間楽し […]

コメントなし

ミヤコワスレ

ミヤコワスレは、4月〜6月にかけて紫色や白色の花を咲かせる多年草です。 江戸時代から栽培されている山野草で、茶室に生ける「茶花(ちゃばな)」として古くから親しまれています。 ミヤコワスレは漢字で「都忘れ」と表記されます。 […]

コメントなし

アケボノセンノウ

アケボノセンノウは、ナデシコ科マンテマ属の多年草で、別名レッドキャンピオンとも呼ばれます。 ヨーロッパ原産で、観賞用に植栽されたものが逸出して、北海道などで空地や河川敷などに帰化しています。 アケボノセンノウの花言葉は、 […]

コメントなし

シラン(紫蘭)

シラン(紫蘭)は、ラン科シラン属の宿根草です。 地下にある偽球茎が丸くて平らで、前年以前の古い偽球茎がいくつもつながっている植物です。 花は、紫色や白色をしており、花期は4月から6月頃です。 シランの花言葉は、美しい姿、 […]

コメントなし

アスター、庭

アスターは、キク科の一年草で、中国原産の植物です。 エゾギクやサツマギクとも呼ばれます。 花色が豊富で、赤・白・黄・紫などの色があります。 花の形も品種によってさまざまで、半八重咲きやポンポン咲き、万重咲きなどがあります […]

コメントなし



今日はどこで、ランチ・・・。

サラーリマンの楽しみは何といっても昼食。

今日はどこで、ランチ・・・。

気分次第、仕事がらみもあり、迷いながらも結局ここかという時もあります。

ただ、今、この一瞬

而今(じこん)は、道元禅師が中国での修行時代に悟った世界観で、「ただ、今、この一瞬」という意味です。 道元禅師は、過去や未来にとらわれず、今に集中することが大切だと説きました。 而今という言葉は、そはのような道元禅師の思 […]

コメントなし

亀甲門、弘前公園

亀甲門(かめのこもん)は、北側にある門、北門(きたもん)の別名です。由来は、北方の守護神として玄武という亀の神様とされております。 築城後間もなくはこの門が弘前城の正門とされていました。 亀甲門(かめのこもん)、大光寺城 […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    もりそば、塩分町分店