ハボタン、園

ハボタンは、アブラナ科アブラナ属の多年草で、鮮やかな葉を冬から春にかけて観賞する園芸植物です。

葉を牡丹の花に見立てたことから、この名前がつきました。

日本には江戸時代に食用として渡来しましたが、その後は観賞用として改良されてきました。

ハボタンには、葉の形や色によってさまざまな品種があります。

代表的なものに、葉が平滑な東京丸葉、葉の先が大きく縮れる名古屋縮緬、葉が波を打っている大阪丸葉、葉が縮れて深い切れ込みがある切れ葉系などがあります。

別名は「牡丹菜」「阿蘭陀菜」「ハナキャベツ」です。

ハボタンの花言葉は、「祝福」「利益」「慈愛」「愛を包む」「物事に動じない」です。

ハボタン









ツルニチニチソウ

ツルニチニチソウは、つる性の多年草または亜低木に分類される植物です。 葉に白や黄色の斑が入る品種が人気で、春から初夏にかけて青や白色の花を咲かせます。 ツルニチニチソウの花言葉は、「楽しき思い出」「幼なじみ」「優しい思い […]

コメントなし

セイヨウノコギリソウ

セイヨウノコギリソウは、ヨーロッパ原産のキク科ノコギリソウ属の多年草です。 葉が細かく裂けてノコギリのように見えることから名付けられました。 花期は7月から9月で、白やピンク、赤、黄色などの色の花を傘状に咲かせます。 セ […]

コメントなし

駒繋(コマツナギ)

駒繋(コマツナギ)は、夏にピンク色の花を咲かせる、マメ科の山野草。その名前の由来は、根が地中深く入って、馬(駒)を繋げるほど丈夫なところからきています。 駒繋(コマツナギ)の花言葉は、「希望を叶える」です。由来は、ひとつ […]

コメントなし

スイカ

庭の畑のスイカを収穫しました。 小玉スイカ、良い出来でした。 スイカは、ウリ科・スイカ属のツル性の植物で、黄色い花を咲かせます。 雄花と雌花があり、授粉すると丸い実ができます。 雌花と雄花の違いは、花の付け根に膨らみがあ […]

コメントなし

クレマチス

クレマチスには、たくさんの種類や品種があります。 一般的には咲き方や花の色、花の形で分類されます。 咲き方では、旧枝咲き、新枝咲き、新旧枝咲きの3つに分けられます。 クレマチスの花言葉は、一般的には「精神の美」「旅人の喜 […]

コメントなし



花が咲くまで7年前後の期間が必要とされています。

カタクリ(片栗)は、ユリ科カタクリ属に属する多年草。

カタクリの花には、「初恋」「寂しさに耐える」という2つの花言葉があります。

カタクリの花は、種が根付いてから、花が咲くまで7年前後の期間が必要とされています。

また、多年草ではあるものの、花を咲かせられるのは7回程度とも言われています。

これを知る者は、これを好む者にしかず

これを知る者は、これを好む者にしかず。これを好む者はこれを楽しむ者にしかず。 理解しているということは好きだということにはかなわない。 好きだということは楽しむこと、満足していることにはかなわない。

コメントなし

弘前城天守

弘前城天守は、 国の重要文化財に指定されています。また城跡は国の史跡に指定されています。 弘前城は、1590年に津軽地方を統一した大浦為信が築城を開始し、1611年に2代目藩主信枚が完成させました。 当時は5層の天守があ […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    初詣2024

    次の記事

    カーネーション、園