竹内清明君像

青森県黒石市南中野不動舘27、中野神社境内、竹内清明君像。

竹内清明は、明治から大正時代の政治家、実業家、新聞経営者であり、青森県黒石市出身です。

岩木川の改修や八戸港の整備など、青森県の発展に尽力しました。

また、彼は私設知事とも呼ばれ、青森県において政治家としての影響力が大きかったことでも知られています。

竹内清明は政友会総裁の原敬からの信頼を得、五能線の開通、青森築港、八戸鮫港修築、県農業試験場の誘致など多くの事業を進めました。

竹内清明は、1858年5月4日に弘前藩士・竹内多作の長男として弘前城下(現在の青森県弘前市)に生まれました。

廃藩後に一家は南津軽郡浅瀬石村(現在の黒石市)へ移住し、ついで黒石町に住みました。

1877年に西南戦争に参加し、その帰郷の際に政治家を志しました。

1886年に黒石の政治結社益友会の常任書記に任じられたほか、東津軽郡書記、戸長、山形村長、南津軽郡会議員などを歴任しました。

竹内清明像

津軽の歴史を学ぼう! 過去がわかれば、未来も開けてきます。歴史は人々が生きた証です。

津軽は、655年「日本書紀」に、「津苅」「東日流」「津刈」「都加留」と表記されています。

中世には「平賀郡(津軽平賀郡)」「鼻和郡(津軽鼻和郡)」「田舎郡(津軽田舎郡)」に分けられ「津軽三郡」と言われた。

人事を尽くして天命を待つ

「人事を尽くして天命を待つ」とは、人間の力でできる限りのことをしたら、あとは焦らず、天の意思に任せるという意味です。 この言葉は、中国の儒学者である胡寅(こいん)が書いた「読史管見」に由来しています。 この本には、「人事 […]

コメントなし

杉の大橋、弘前公園

杉の大橋は、弘前公園内にある橋の一つで、二の丸と三の丸を隔てる内濠に架かっています。 築城当時はスギ材で作られた架け橋で、戦時には敵の侵入を防ぐために壊される仕組みになっていました。 1821年(文政4年)にヒノキ材によ […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    さもだし