イソトマ

イソトマは、キキョウ科の多年草で、オーストラリアやニュージーランドに原産します。

小さな星形の花をたくさん咲かせるのが特徴です。

花色は紫、青、白、ピンクなどがあります。日本では寒さに弱いので、一年草として扱われることが多いです。

花が終わったら花柄を摘み取りますが、茎や葉から出る乳液には毒性があるので注意が必要です。

イソトマの花言葉は「強烈な誘惑」と「猛毒」です。

イソトマ







レンギョウ

レンギョウは、モクセイ科レンギョウ属の落葉性低木で、黄色い花を咲かせます。 開花時期は3月中旬から4月中旬頃で、春の訪れを告げる花として親しまれています。 花言葉は「期待」「希望」「集中力」です。

コメントなし

ホンアジサイ

ホンアジサイは、日本で原種のガクアジサイから改良された園芸品種で、アジサイ科アジサイ属の落葉低木です。 6月から7月にかけて開花し、白、青、紫、ピンクなどの色の装飾花を咲かせます。 装飾花は、花弁に見えるのは萼(がく)の […]

コメントなし

ミニ大根

ミニ大根とは、通常よりも小さなサイズで収穫できる大根の品種の総称です。 ミニ大根はプランターでも育てることができます。 ミニ大根の花言葉は、大根と同じく「潔白」「適応力」です。 白い根や花の色から「潔白」が、どんな料理に […]

コメントなし

カタクリ、山

カタクリは、ユリ科カタクリ属の多年草で、春先に紫色や白色の花を咲かせます。 カタクリの花言葉は、「初恋」「寂しさに耐える」「消極的」「嫉妬」です。 花は日差しによって開閉する運動をします。 地下には鱗茎があり、デンプンを […]

コメントなし

シャクナゲ

シャクナゲは、ツツジ科ツツジ属の植物の総称です。 シャクナゲは、日本にも多くの種類が自生していますが、その多くは変種であり、種のレベルでは4種または6種に集約されます。 シャクナゲの花言葉は「威厳」「荘厳」「危険」です。 […]

コメントなし


青森県中津軽郡西目屋村、暗門滝(あんもんのたき)は、岩木川上流の白神山地内の暗門川にあります。

3つの滝から構成されています。

上流側から高さ42メートルの第一の滝

その200メートル下流に同37メートルの第二の滝

さらに160メートル下流に同26メートルの第三の滝があります。

クミンとは

クミンは、エジプト原産のセリ科の植物で、種子を乾燥させてスパイスとして使います。 その独特の香りは、甘くスパイシーで、コショウに似たあたたかみのある香りを持ちます。 クミンは、カレーなどのエスニック料理でよく使われ、アジ […]

コメントなし

東内門外橋(石橋)、弘前公園

東内門外橋(石橋)は、弘前公園の中にある石造りの橋で、二の丸と三の丸を隔てる中濠に架かっています。 1848年(弘化5年)に土橋から架け替えられたもので、城内では唯一の石造りの橋です。 橋を渡るとすぐに東内門があり、その […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    葛西善蔵文学碑

    次の記事

    アマチャ