シダレヤナギ(枝垂れ柳)

シダレヤナギ(枝垂れ柳)は、ヤナギ科ヤナギ属の落葉高木で、中国が原産地です。

日本には奈良時代に渡来し、北海道から沖縄まで各地で街路樹や公園樹として親しまれています。

シダレヤナギの特徴は、太い枝は上に伸びるが、先端の細い枝が長く垂れ下がり、風に揺れる様子が美しいことです。

 葉は披針形で鋸歯があり、表面は濃い緑色、裏面は粉白色をしています。

花は雌雄異株で、3月から5月にかけて尾状花序をつけます。

雄花は黄色で雌花は黄緑色です。

シダレヤナギの花言葉は、「わが胸の悲しみ」「愛の悲しみ」「従順」「自由」です。

枝垂れ柳







オオヤマレンゲ

オオヤマレンゲは、モクレン科モクレン属の落葉低木の一種です。 5~7月に白い花を咲かせますが、花弁のように見えるのは外側の3枚は萼片で、内側の6枚が花弁です。 葉は卵形で裏面に白い毛が生えています。 オオヤマレンゲの花言 […]

コメントなし

まるばまんさく

早春に咲くことから「まず咲く」「真っ先」が変化しまんさくという名前になったいう説もあります。とにかく、雪があるうちに咲きだします。マルバマンサクは北海道から日本海側、鳥取県まで分布する落葉低木で、多雪地帯に適応している。

コメントなし

シュウメイギク(秋明菊)

シュウメイギク(秋明菊)は、キンポウゲ科の多年草で、白やピンクの花を咲かせます。 日本では里山や野原に自生していますが、原産地は中国です。 シュウメイギクの花言葉は「淡い思い」「薄れゆく愛」などです。

コメントなし

アスター

アスターは、キク科の一年草で、中国原産の植物です。 エゾギクやサツマギクとも呼ばれます。 花色が豊富で、赤・白・黄・紫などの色があります。 花の形も品種によってさまざまで、半八重咲きやポンポン咲き、万重咲きなどがあります […]

コメントなし

コスモス、庭

コスモスはキク科の植物です。 色や形がさまざまな品種がありますが、一般的にはオオハルシャギクと呼ばれるピンクや白の花が有名です。 コスモスの名前はギリシャ語の「秩序」や「調和」を意味する言葉からきています。 コスモスの花 […]

コメントなし


最新の投稿をカテゴリー別に閲覧できればということを考えてみました。

ラーメン、中華料理、和食、洋食など。

まとめて見ることができれば、超便利!

ただ、今、この一瞬

而今(じこん)は、道元禅師が中国での修行時代に悟った世界観で、「ただ、今、この一瞬」という意味です。 道元禅師は、過去や未来にとらわれず、今に集中することが大切だと説きました。 而今という言葉は、そはのような道元禅師の思 […]

コメントなし

弘前城東門、弘前公園

弘前城東門 東門は、弘前城の三の丸東側の枡形に位置しており、慶長15年(1610年)に建てられました。 弘前城東門は、江戸時代初期の城門建築の遺構として大変貴重な事から昭和28年(1953年)に国指定重要文化財に指定され […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    次の記事

    パスタランチセット